EVENT イベント

第1883回 【売物件】六甲の狭小住宅 オープンハウス見学会

見学する「六甲の狭小住宅・神戸」2階リビング。開放的な空間にするため、壁2面が天井から床までの大きな開口となっており、ブラインドで入ってくる光の量を細かく調整できます
 設計/藤原誠司

見学する「六甲の狭小住宅・神戸」2階リビング。開放的な空間にするため、壁2面が天井から床までの大きな開口となっており、ブラインドで入ってくる光の量を細かく調整できます  
設計/藤原誠司

Schedule スケジュール

開催日時 6月20日(木)、22日(土)
各日13:00〜/14:00~/15:00~/16:00~
30分~1h程度
開催場所 神戸市灘区
詳細はご予約の方にのみお知らせします。
定員 各回 2組様限定(事前ご予約制)
参加費 無料
お問合せ先 ザウス大阪店 フリーダイヤル 0120-360-354

Description 概要

約12坪の敷地にクルマ1台とバイク1台の駐車スペースを確保しています。

約12坪の敷地にクルマ1台とバイク1台の駐車スペースを確保しています。

お引き渡し後、9年ほど経った狭小住宅(ガレージハウス)が売却されますのでオープンハウスを行います。


阪急神戸線「六甲駅」から徒歩10分以内の立地にある約12坪の敷地。ここに雑誌「ガレージのある家」でもvol.18で掲載された「六甲の狭小住宅」があります。

大きな空間を確保するため、構造は重量鉄骨造。耐震性は建物の規模からいうと過剰なほど高いものに。駐車スペースも確保され、ガレージドアはありませんがクルマとバイクが1台ずつ駐車できます。

空間の狭さを建築家のデザイン力でカバーし、視線の変化や"抜け"を意識し、スキップフロア、吹抜けなど広く体感できる工夫があらゆるところに生かされています。

使い勝手や広く感じるためにどこを工夫したのか?見学しながらご説明します。
なかなか購入できる機会が少ない建築家が設計した狭小住宅、このチャンスをお見逃しなく! 購入をご検討の方以外にも、「狭小住宅」を建てたいとお考えの方は参考にある工夫があり見どころたくさんなので、お気軽にご参加ください。

六甲の狭小住宅 建築概要
敷地面積/39.3m² (約11.9坪)
建築面積/23.5m² (約7.1坪)
延床面積/58.5m² (約17.7坪)
設計/建築家 藤原誠司
施工会社/株式会社じょぶ
「六甲の狭小住宅・神戸」その他の写真はこちらからご覧いただけます

左上:外観、デザインのおかげで建物は大きく見える 左下:玄関を見る。本物のレンガを使用した壁にグリーンが絶妙に絡みついている。玄関扉は溶融亜鉛メッキ仕上げで錆に強く趣があります 右上:リビングからキッチン方向を見る。スキップフロアの採用により、ダイニングとキッチンは数段上がったところにある 右下:ダイニングキッチンを見る、黒系の色に統一されている

左上:外観、デザインのおかげで建物は大きく見える
左下:玄関を見る。本物のレンガを使用した壁にグリーンがいい雰囲気を醸し出している。玄関扉は溶融亜鉛メッキ仕上げで錆に強く趣があります
右上:リビングからキッチン方向を見る。スキップフロアの採用により、ダイニングとキッチンは数段上がったところにある
右下:ダイニングキッチンを見る、黒系の色に統一されすっきりと。

PAGE TOP