EVENT イベント

第966回 『土地購入の契約をする』その前に!〜土地売買契約書と重要事項説明書のポイント〜

土地探しからサポートして建てられた「六甲の眺望を楽しむ家」。2Fリビングからデッキ越しに見える夜景。眺望を重視するため、「急傾斜危険崩落地」と呼ばれるに建てられています。条件、法規制をしっかりとチェックし、地盤調査を行った上で設計し、構造計算をして建てられています。設計/藤原誠司 撮影/平野和司
六甲の眺望を楽しむ家・神戸 はこちら。

開催日時 4月9日(土)、10日(日)
大阪店・神戸店とも 11:00〜/14:00〜
当日のご予約は 0120-360-354 まで
開催場所 ザウス大阪店 (地図はこちらから)
ザウス神戸店(地図はこちらから)
講師 住宅プロデューサー・藤原 真、 他
定員 各回 3組様限定(予約制)
参加費 無料
お問合せ先 ザウス大阪店・ザウス神戸店
フリーダイヤル 0120-360-354

お申込フォームへ

1 土地を決める時に、建築家による建物のボリュームチェック(希望の大きさが建てられるか)を無料で受けられます。
2 ザウスで土地探しをサポートさせていただいた方の土地契約には、ご希望の場合、住宅プロデューサーが同席させていただきます。

「六甲の眺望を楽しむ家」外観。2Fデッキからの眺望が素晴らしい。

 家づくりにはもちろん建築地が必要ですが、いい土地なのか、良くない土地なのかの判断は、経験がないと難しいものがあります。

そこで、ザウスがプロデュースさせていただくお客様のおよそ半分以上が、土地の購入からサポートを受けられております。
 なぜ不動産会社からの説明もあるのにサポートを受けられるのでしょう?

その理由は、土地を購入する際には仲介業者である不動産会社から、いろいろと説明を受けなければなりません。

ただ、はじめて土地を購入される方は、「説明を受けても、何を質問していいのかすら、わからない」という状態に陥り、契約してしまい失敗したくないというものです。

 契約時に注意しなければならないのは、不動産会社土地の契約書類で、「土地売買契約書」と「重要事項説明書」と言われるものです。専門用語が多く、すべてを理解するには時間が必要ですが、抑えておくべきポイントと用語を覚えておくことは大切です。

 今回は、はじめて土地を購入される方に、「土地売買契約書」と「重要事項説明書」のポイントを分かりやすくご説明いたします。合わせて、ご希望の方には、土地探しの相談も承ります。
 また、お客様のご要望やご予算をおうかがいしながら、土地探しの地域や土地と建物の予算バランスなど土地探しを始めるためのガイドラインをお打ち合わせしながらおまとめします。

 また、購入をご検討している土地がある方には、その土地にご希望の建物が建てられるのか、またリスク(懸念事項)があるかないかなどをアドバイスいたしますので、購入予定地の資料をお持ちください。
事前に資料をいただけると、可能であれば、現地確認をしてより詳しくアドバイスをいたします。

 ”土地”に関しては、専門用語や経験がないと分かりにくいことがたくさんあります。ザウスの住宅プロデューサーが分かりやすくご説明いたしますので、お気軽にご参加ください。

お申込フォームへ

プロフィール

藤原 真 (ふじわら まこと)

土地のご相談のことなら何でもお任せください!どんな建物、どんな生活をしたいのかをおうかがいした上で、それが可能な土地なのかをアドバイスいたします。

プロフィール

住宅プロデューサー

はじめての方にも分かりやすく、「土地売買契約書」や「重要事項説明書」で気をつけていただきたいポイントをご説明いたします。

お申込フォームへ

PAGE TOP