EVENT イベント

7月30日(日)に横浜市にて、建築家の自邸を大公開いたします。

建築家が、こだわりの自邸を大公開!

耐震診断を受け、補強工事を実施。
建築のプロが住まう、安全で快適なモダン建築をご体感ください!

【住まいの完成見学会「建築家のこだわりの自邸見学」】

日時:7月30日(日) 13:30〜
開催場所:神奈川県横浜市緑区
参加人数:各回6組様
参加費:無料
講師:栗原 正明氏
栗原 正明氏

栗原 正明氏


<木造でも、耐震は万全!>

ふだん見ることのできない「建築家の住まい」をご覧いただける、貴重なイベントが開催されます!

今回は、横浜市出身の建築家・栗原正明氏の自邸を大公開。 栗原氏のお住まいは、周りを緑に囲まれて優雅にたたずむ、築11年目の木造住宅です。

このお住まいが完成した1995年は、ちょうど阪神淡路大震災が起こった年。 この地震をきっかけとして、2000年に建築基準法が改正され、木造建築について細かい規則が定められました。

栗原邸も、このほど耐震診断を行い、補強のための改修工事を実施。木造住宅の大きな問題の一つである“耐震性”を飛躍的に向上させました。

見学会では、実際に住まいをご覧いただきながら、栗原氏と耐震診断を行った担当者から直接「耐震構造」のお話をうかがうことができます。

<建築のプロが住まう、こだわりの家とは…>

いったい、建築家の住まいには、どんなこだわりがあるのでしょうか。

古き良き日本家屋のメリットをそのままに、現代のデザインも巧みに取り入れた栗原邸。 建築のプロが住まう家とあって、その見どころは尽きません。

正面がガラス張りで、壁面部に「ガルバリウム鋼板(こうばん)」という合金素材が使用された外観は、実にシャープな表情。 ガルバリウム鋼板は、耐熱性、耐食性などに優れ、デザイン性も高いため、最近のモダン建築の外壁としてたいへん人気のある素材です。

また、内部の空間レイアウトも魅力。 日当たりと風をふんだんに取り込む大きな開口部や、夏は涼しく、冬は暖かな幅の広い縁側など、自然の恵みをいっぱいに感じられるスペースが充実しています。

さらに、部屋の仕切りには、日本建築伝統の引戸を起用。戸を開け放ったときには、各部屋がつながって大空間となり、たいへん開放的です。

この他にも、住まいづくりの参考にしたくなるような“アイデアと工夫”がいっぱい! 建築家と語らいながら、その目でお確かめください。


建物外観

建物外観

建物内観

建物内観


PAGE TOP