特徴

「建物の切り離し」という難条件をクリアし、夢の住まいづくりを実現
これまで「二戸一住宅(一棟に二戸分の住戸が設けられた住宅)」にお住まいだった建築主のS様。 建て替えのため「建物の切り離し」を決意されましたが、隣家との交渉や保証、コスト面など問題が多く、住まいづくりは暗礁へ・・・。「大手ハウスメーカーをはじめ、地元の工務店など様々な会社へ相談しましたが、どこも隣家との保証問題で引っかかり、実現できませんでした」と当時を振り返られます。「大丈夫、何とかしましょう」。そんな折S様と知り合ったザウスは、夢の住まいづくりの実現に向け、難条件の住まいを徹底サポート。建築家・山内哲男氏、工務店とともに、隣家や市との交渉、隣家の点検まで、一つ一つ慎重に問題をクリアしていきました。こうした”多くの制約や問題を抱える住宅への対応”もザウスの強みです。「隣家から『よい会社を選びましたね』と言っていただいたときは、本当に感激しました」とS様。難条件を見事解決し、夢の住まいづくりへの一歩を踏み出されました。建物の切り離しに際しては、隣家へ迷惑がかからないよう、経験豊かな建築家・山内氏が万全の気くばりで応えました。建て替えによって、隣家が以前の快適な生活を失われないよう、窓の位置やベランダの幅・高さなど、あらゆる面で配慮されています。
建築家の気くばりが隅々まで行き届いた住まい
S様も、建築家とのオーダーメイドの住まいづくりを存分に楽しまれたご様子です。「古くなったり、傷ができても、その一つ一つが味わいに変わっていく家」を理想に、素材選びや空間レイアウトには、たいへんなこだわりを持たれました。「『我が家にとって何が必要か』家族みんなで話し合いました。一見広すぎると思われるキッチンも、娘たちと料理を楽しむにはちょうどよい広さ。洗面所には、2m近くある鏡を取り付けてもらいました。おかげで、毎朝家族が並んでも大丈夫です。子供たちが独立して夫婦だけになったときでも、間取りが簡単に変更できるように設計してもらいました。」S様のご要望に応える山内氏は、さらに、建築家ならではの細やかな気くばりで、住まいを豊かにしていきました。S様がこれまでお持ちだった家具をすべて納め、アンティークのステンドやエッチング(ガラス工芸品)のドアをリメイクして使うなどのプランで、ご家族のこれまでの暮らしを新しい住まいに取り入れました。さらには、愛犬が外を眺められる窓を設けるなど、隅々まで気くばりが行き届いています。こうして生まれ変わったS邸は、新築ながらもこれまでと変わらず地域に溶け込み、近所にも好評のお住まいとなりました。「我が家の第二の人生は、ザウスがあったからこそと言っても過言ではありません。」S様からも、たいへんありがたいお言葉をいただきました。
  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • hatebu
  • LINE