WORKS 施工例

山の中のガレージハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

Description 建築概要

工法 鉄骨造 地上2階建て
敷地面積 1684.4m² (約509.5坪)
建築面積 326.2m² (約98.7坪)
延床面積 326.0m² (約98.6坪)
施工 株式会社 ウッドワン関西
撮影 笹倉洋平

 

Architect 建築家

藤原 誠司(フジハラ セイジ)

事務所名 / 一級建築士事務所 フジハラアーキテクツ
生年月日 /1969年06月27日
出身地  / 島根県出身

山の中にある高級別荘地。そこに行くことが趣味のドライブとなる、そんな
ガレージハウス。「仕事で疲れた身体を癒やし、心の安らぎを取り戻す場所
であり、趣味のドライブを楽しむ場としての週末ガレージハウスを建てたい」
とザウスを訪ねて来られた。ご主人の所有車全てがアメ車というアメリカン
デザインをこよなく愛す建築主。イメージとして1920年代に活躍したア
メリカの建築家、ルドルフ・シンドラーの自邸をあげるほど。

そんな建築主のデザインへの期待に応えたのは、建築家の藤原誠司さん。藤
原さんは、シンドラーの特徴である木材や漆喰などを用いた素朴で開放感の
あるデザインをそのまま持ち込むだけではなく、柱と建具で構成された昔の
日本家屋のような、日本の風景にあるような和のデザインとの融合を図った。

ガレージは、山の中ということもあり、シャッターには気密・防塵性の高い
ものを採用。さらに、内部に全自動の除湿器を設置し、一定の湿度をに保つ。
ガレージを覆う屋根のひさしを大きく張り出し、雪が降り積もることでシャ
ッターが動かないなどの問題が起きないように工夫されている

2階のLDKは、ほとんど間仕切りがない大空間。景色の見え方を現場で確
認しながら配置された窓により、どの方向を見ても素晴らしい景色が目に飛
び込んでくる。暖房のための暖炉を置き、そこで灯される火の明かりと暖か
さで心を落ち着かせる。癒される非日常を楽しむガレージハウスである。

Features 特徴

  • ガレージハウス
  • 高級住宅
  • 眺望を楽しむ家
  • 週末住宅
Request 資料請求 建築家と建てた狭小住宅など28邸を掲載
ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求時に「ガレージハウス事例集」をお選びください
Request 資料請求 ガレージハウス15邸を掲載
ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求時に「ガレージハウス事例集」をお選びください
バイクガレージハウス14邸を掲載
ご希望の方に店舗併用住宅事例集プレゼント中 資料請求時に「店舗併用住宅事例集」をお選びください。
店舗併用住宅を10邸を掲載

PAGE TOP