WORKS 施工例

中野坂上の狭小ガレージハウス・東京(建築面積 約7.8坪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

Description 建築概要

工法 木造 地上3階建て
敷地面積 43.1m² (約13.0坪)
建築面積 25.8m² (約7.8坪)
延床面積 74.9m² (約22.7坪)
ガレージ 15.2m² (約4.6坪)
設計 濱里豊和
施工 株式会社 ラムズカンパニー
撮影 アトリエ・フロール株式会社 他

Architect 建築家

濱里豊和 (ハマザト トヨカズ)

事務所名/濱里豊和建築事務所
生年月日/1973年
出身地 /兵庫県出身

新宿にある都庁もすぐ目に入る中野坂上。そんな都心にある約13坪の敷地。
そこにポルシェ911GT3RSがおさまるガレージハウス。

ガレージにはレムコのオーバーヘッドドア。外壁に合わせてメタルフラットを採用。
内部は壁のオレンジ、床のグレー、扉とポルシェ車体のホワイトがよく映える色使い。

分譲マンションで駐車場を確保し暮らされていたが、相談会で現在のローン額と同程度で
ガレージハウスを建てられる可能性があることが分かり、土地探しからスタートしました。

通勤時間や資産価値だけでなく、ガレージに至るまでのクルマの出し入れが
スムーズにできるかなども考慮しながら土地を見ていき、候補地となったのが約13坪の狭小地。

プランは1階ガレージ、2階LDK、3階に洗面・浴室と居室、
そして小屋裏部屋とルーフバルコニーを配置。道路斜線がかかるため、
削られてもよい空間を上に持っていくことで、窮屈でない生活空間を確保。

2階LDKの床はガレージのタイルに似たものを使い、雰囲気を統一。
床の一部は、窓になっており、ガレージにある愛車を上から眺められます。

ガレージは、将来フラットリフトを入れる予定に合わせて、
掘り込みピットが設けられている。壁はキッチンのショールームで見た壁面を参考にし、
床はガングレー色タイルを使用し、シルバーでまとめられた外観とのギャップを楽しめる。
ガレージ内は洗車も可能なように床には勾配がつけられ、排気ガス対策としてガレージ用の換気扇が上下2ヶ所に設置。

外観は道路斜線により建物上部が削られています。道路向かいにマンションがあり、
LDKのある2階部分に目隠しのルーバーが設置。ルーバーは真向かいに立たなければ内部が
見えないように幅が調整されています。

敷地13坪という広さでも、快適な生活スペースと充実したガレージライフを楽しめるガレージハウスとなりました。

 

>> もっとガレージハウスを見たい方は 施工例 一覧へ

>> 手元でガレージハウスをじっくりと見たい方に「ガレージハウス事例集」 「バイクガレージハウス事例集」をプレゼント

>> 1,800万円~(本体工事費)から注文住宅でガレージハウスをご提案。 話しを聞いてみたい方は「ガレージハウス相談会」ご予約受付中

>> Facebookでガレージハウス見学会や進行中の現場情報を配信しています

>> Instagramにてガレージハウスをランダムにご紹介しています

Features 特徴

  • ガレージハウス
  • 狭小住宅
  • 東京都中野区
Request 資料請求 建築家と建てた狭小住宅など28邸を掲載
ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求時に「ガレージハウス事例集」をお選びください
Request 資料請求 ガレージハウス15邸を掲載
ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求時に「ガレージハウス事例集」をお選びください
バイクガレージハウス14邸を掲載
ご希望の方に店舗併用住宅事例集プレゼント中 資料請求時に「店舗併用住宅事例集」をお選びください。
店舗併用住宅を10邸を掲載

PAGE TOP

資料請求フォームはこちらから