2020年05月31日

有馬のガレージハウス アプローチ掘削

先日ご紹介いたしました「有馬のガレージハウス」。

あまり見慣れない岩盤掘削の現場風景に「その後どうなりました?」と

複数のお問合せをお受けしましたので、経過のご紹介をさせていただきます。

 

~Before~

IMG_2340.JPG

 

~After~

IMG_0776.JPG

IMG_0778.JPG

 

はい、クルマのアプローチがお目見えしました!

 

「こんな土地、クルマが入れられない!ありえない!」とお嘆きの皆さま。

簡単な話ではありませんが、このように力業で何とかなるケースもあります。

<道路との高低差>、<敷地内の段差>、<急斜面>、<古い擁壁>、、、

<不必要な堀込ガレージ>、<幅の狭い専用通路>、<全面道路幅の狭さ>、、、

これまでクリアしてきたハードルの数々。

 

そもそも、更地の土地だけを見て「この土地メッチャ良い!!」と

テンションの上がるような売物件はごく一部の希少物件です。

そしてそんな土地はメッチャ高いです(苦笑。

ただ単にお金を掛けて土木工事や宅地造成をするのではなく、

土地のデメリットを建築の工夫でメリットとして活かすことができれば、

お得に、そして面白い家ができると思いませんか?

 

IMG_0781.JPG

岩盤掘削工事の後、敷地内部から見たところです。

この状態での売土地であれば、より早く、より高額で売れましたのに。

良い土地を見つけるには 【想像力】 が必要です。

 

このアプローチと広々ゆとりのある敷地で実現する今回の計画。

この更地の土地だけを見て、既にテンション上がってます!!(笑。

 

 

(原田)