2019年05月10日

堺のガレージハウス2 基礎工事

工事着工まで試練のあった(詳細は過去記事にて)こちらのお宅。

着工してからは順調に進んでおります。

 

遣り方 → 掘削 → 砕石転圧 → 防湿シート → 捨コン

→ 鉄筋配筋 → 役所(検査機関)による配筋検査も無事に合格し、

コンクリート打ちの為、型枠作成中の現場です。

 

IMG_1606.JPG

 

型枠大工さんの仕事ぶりをしばし見させていただきましたが、

これは本当に縁の下の力持ちですね。

 

型枠と言っても様々な種類があり、

その中でも住宅建築でよく見るのは2種類、

「鋼製型枠」と「木製型枠」です。

どちらが良いのか?は現場によって変わりますが、

「鋼製型枠」は組み立ても簡単で、建売住宅や面積の広い大型物件などでは

同じような型で繰り返し使えるというメリットがあります。

デメリットは、汎用性の低さとメンテナンスに手間が掛かるという点でしょうか。

 

今回こちらの現場では「汎用性」という点で「木製型枠」を採用しています。

一律に見える基礎工事ですが、深さや長さや角度など、

この現場だけでも様々な型枠を使う必要があります。

 

IMG_1593.JPG

例えば、重厚な鉄骨の柱を足元で支える「ベースパック」(上の写真)

この周辺だけでも複雑な基礎形状となります。

構造図面を睨みながら、現場で型枠を作り組み上げてく「木製型枠」は

やはり型枠大工さんの腕の見せ所。

 

あまり日の目を見ることがない基礎工事ですが、

どんなに素晴らしい建物でも、安心して快適・安全に住めるのは

地盤について、基礎について、綿密な構造計算を基に

しっかりとした設計と施工があっての事(当たり前の話ですが)。

 

高気密・高断熱やお洒落なキッチン、かっこいいガレージも重要ですが、

地味でよく理解のできない分野だとは百も承知で、

皆さま!!地盤工事・基礎工事にもっと注目してくださいー!!

マニアックな目線でみると、とても面白い事だと気が付きますよ(笑。

(建築は見えないところが面白い!)

 

 

(原田)