海の博物館

建物探訪

先日の伊勢志摩への旅で、どうしても見ておきたかった建物がありました。

それが1992年完成の『海の博物館』。

設計は内藤廣さん。東大名誉教授でもあります。

IMG_4333.JPG

広大な敷地に9棟の建物を分散配置しています。

特徴的なものは杉板にタール状の塗料をほどこいた外壁。

そして屋内で現れる大断面集成材を曲線的に使用した大空間。

IMG_4328.JPG

現地を見て私が個人的に感じたことは、ゆとりある敷地に対しての配置計画、ランドスケープデザインがいいなと感じました。

建物と建物の間に大きなスペースがあるのですが、そこには拳大の砕石が散りばめられています。もともとは水を張って海面のようなイメージだったらしいのですが、経費やら何やらで水を張れないのでしょうね。

でもその砕石が枯山水のようで、すごく良かった。

私たちも庭の計画をするときにこの砕石をよく使いますが、改めてその良さを感じさせてくれる建築でした。