2年点検

家が竣工し、新しい暮らしが始まると、住んでみて初めてわかることがちょこちょこ出てきます。

建築家とつくる家の多くは、素材感のあるものが使われます。

本物の木を貼った玄関ドア、無垢材の床、建具屋さんで特注する室内の木製建具などなど。

 

自然のものを使うことが多いため、素材がなじむまでに1年、2年かかることもあります。

そういったことを1年、2年後に点検し、不具合があれば調整していきます。

 

どんないい靴も、手入れをしなければ長持ちしませんが、きっちり手を加えていくと味わい深い、新品にはない表情になっていきますよね。

それと同じように、ある程度メンテナンスをしてあげることで、本当にいい家ができあがっていくと思います。

 

houruuju.jpeg

 

この日は、お引渡し後2年が経過した『法隆寺のガレージハウス』の点検に行ってきました。

 

芝生の手入れもまめにされていて、1年前にはなかったフェンスも設置されていました。

 

点検の結果、大きな不具合は無く、細かな項目ばかりで一同ひと安心。

 

基本的には、点検というより、久しぶりにお施主様、建築家、現場監督、私が顔を合わせて、談笑するっていう感じです。

 

うれしい時間ですね。

 

こんな家づくりをこれからも行っていければ、と思いました。