外壁素材を考える②

先日、外壁素材について書きました。

 

2回目!

 

③コンクリート打ち放し(化粧型枠)

 

s-oha-001.jpg

 

どーんっっっ!!

 

これぞ、建築家っ!  っていうイメージですよね~。

安藤忠雄さんのイメージもあって、そう思えるのかもしれませんが・・・。

 

打ち放し・・・、建築家の皆さん、大好きです(笑)。

 

やっぱり、圧倒的な存在感に魅力を感じるのでしょうか。

 

私も・・・

 

好きです(笑)。

 

メンテナンスや、暑さ、寒さの問題はありますが、惹きつけられますね。

 

 

そして、

 

④木板貼り(レッドシダー)

 

kishi183000.jpg

結構、お施主様からの要望が多い、木板貼りです。

 

木板張りのいいところは、外観の印象を一変させる力というのでしょうか。

 

シャープすぎる家を程よく中和させる力もありますし、材種や貼り方によっても、大きくイメージを変えることができます。

 

ただし、雨風にさらされることで、黒ずんできたり、腐ってきたりする可能性が高いというデメリットがあります。

 

どうしても使いたいというご要望の方には、後々のメンテナンスの重要性をきっちりお伝えしたうえで、採用頂いています。

 

写真のお施主様は、アメリカ留学の際に見た、経年変化が見られた木板貼りの家の印象が良く、使ってみたいとのことでした。

 

通常は木に防腐性のある塗料を塗るのですが、あえて無塗装とし、経年変化を楽しもうという、建築家からの提案でした。

 

もちろん、アメリカと日本の気候の違いもありますが、イメージ通りになってくれるか、楽しみです。