外壁素材を考える①

街では社会人デビューを果たした若者たちが目立つようになりましたね。

 

実際そうなのかは、わからないのですが、いわゆる新人君たちの醸し出す雰囲気は社会人2年目の人たちとは、ちょっと違う気がします。

 

もう、そのころの自分がどんなだったかすら、思い出せませんが・・・。

 

さて、今日は外壁の仕上げ材をいろいろご紹介。

 

外壁材の選択は、建物の印象を大きく左右するものです。ぜひ、ザウスの見学会なんかで、実物をご覧になってください。

 

まずは・・・

①ガルバリウム鋼板(立てハゼ葺)

om01_MG_0719.jpg

 

建築家が好んで使う材料の一つ。

貼り方もいろいろあるのですが、こちらは立てハゼ葺というもの。

使い方によっては、すごくシャープでいい感じになります。

でも一つ間違うと、安っぽい倉庫みたいになってしまうので要注意!

 

②リシン吹付

リシン吹付.jpg

リシンの吹付は日本の住宅業界において、もっともポピュラーな仕上げの一つ。

といっても、ハウスメーカー等では、あまり使われなくなってしまいましたが・・・。

 

下地材のモルタルに施す仕上げ材としては、コスト的にもリーズナブルですし、質感もあっていい材料だと思います。

デメリットとしては、クラック(ひび割れ)が起こりえること、15年程度で塗り直しをする必要があること、でしょうか。

 

他の材料もいろいろありますが、それはまた次回に。