現場確認

大阪狭山の家は、大工工事真っ只中。

 

nhy.jpeg

この現場の大工さんは、これまで何度もお世話になっているのですが、いつ見ても現場が整理されています。

 

これまでの経験上、現場の整理整頓と大工さんの腕は比例すると、個人的に思っています。

という訳で、ここの大工さんの腕は良いんです。ちなみに私の自宅の工事をしてくれたのも、この大工さんです。

 

さて、この写真が何かおわかりでしょうか?

nnnb.jpeg

これは、屋根部分の断面をうつしたもの。屋根の断熱性能を高めるために屋根通気工法を採用しています。

上部にスリット上の隙間がありますが、この間を空気が流れることで断熱効果を得られます。

 

そしてこの屋根の上に屋根材であるガルバリウム鋼板が葺かれるのですが、その下にはルーフィングと呼ばれる防水シートが敷かれます。こちらです↓↓↓

hjhs.jpeg

雨水は屋根材でまず防水をするのですが、屋根材を超えて侵入してきた雨水をこのルーフィングが防御してくれます。

 

住宅には様々な部材があります。また折をみて、少しずつご紹介していきますね。