ガラスの暖炉?

仕事がら、よく家具屋さんに行きます。

安価なものならIKEA、高級路線はアルフレックスやカッシーナ。オリジナル家具なら、TRUCK FURNITUREやgraf など。

この日は、久しぶりにアルフレックスとカッシーナをのぞきに行きました。

 

とある現場のソファを探すためです。

 

まずは、アルフレックス。ビルの6階にあるのですが、第一印象は、「庶民、入りにくっ!!」。

 

お客さんは何組かいましたが、さすがですね~、とにかく上品な方が多いこと。

 

そして、カッシーナ。こちらは路面店ですので、まだ入りやすい。

そこで、私の心をひきつけるものを発見!

main.jpg

暖炉です。三方がガラス張りになっていて、薪ではなく、バイオエタノールで炎が出ます。

イメージはアルコールランプ(違う?)の大きいの。

 

何がいいかというと、煤が出ないので、煙突が不要。施工も必要ない。

何より、見た目がかっこいい!透明ガラスにヘアラインのステンレスの組み合わせ。

写真のタイプで50万円少々なのですが、大きさにより、40万円を切るものもあります。

 

一般的に薪ストーブは、本体と煙突、施工費で80万円から100万円程度しますので、それよりも割安になります。

大変な手入れもなさそうです。

 

詳しくは心斎橋のカッシーナでお聞き下さい!