椅子が好きです①

雑記

こんにちは、です。

突然ですが、皆さんの趣味はなんでしょうか?

 

私の趣味のひとつは椅子コレクションです。

 

私事ですが、2年半ほど前に自宅を建てました。

ザウスホームページの事例一覧に、「岸和田・宮前町の中庭のある家」が掲載されています。

よろしければ、ご覧ください。いい家です(笑い)

https://www.zaus-co.com/case/court/c004.html

 

もともと椅子は好きだったのですが、狭い賃貸ハイツには置く場所も、置く意味もなかったので、ほとんど買ったことはありませんでした。

が、家を建てた機会に購入したことをきっかけに、ほしいほしい菌に侵され、ついついあれこれ買ってしまいました。

 

その椅子たちをご紹介! 今日の椅子はこちら。↓↓↓

 

CIMG8017.JPG

 

PPモブラー社のPP58。樹種はオーク材。他にもビーチ材やアッシュ材もありますが、我が家のテイストに合わせ、オークを選択。

 

デザイナーは北欧家具デザイン、巨匠中の巨匠、ハンス・J・ウェグナー。

北欧デザインに関心のある私には避けては通れないデザイナー。

 

ウェグナーデザインの椅子は、前後左右どこから見てもきれいな形で、なおかつ手に取った質感が、「いいんです!!」

 

まあ、一般的な感覚からすると途方もなく高価ではあるんですが・・・。

 

その中でも、数点の椅子だけは、ちょっと頑張って、いや、かなり頑張れば手が届くんです!!

 

まあ、それでも興味のない人からすれば、「椅子ごときにアホちゃうか」と言われるんでしょうが・・・。

 

しかし、そんなときは高価な買い物の常套句、「これは一生モンやから」という言葉を自分に言い聞かせ、購入を決意します。

 

一つの椅子があることで、空間をぐっと引き締める、そんな力を持った逸品です。