2019年02月03日

『 鬼は外、福は内 』

写真.jpeg

そう、2月3日は節分です。

節分と言えば、豆をまいてお家の中の厄(鬼)を外に追い出し、お家に福を呼び込む日本古来の儀式とぐらいでしか思いつかず...調べてみることに。

節分とは各季節の変わり目となる日の前日を指し、「季節を分ける」という意味。

本来、立春・立夏・立秋・立冬 全ての前日に節分があるのですが、2月3日の立春前日だけが節分として呼び行事が定着したのは、立春が冬から春になるという大きな季節の変わり目である。またかつて使われていた太陰太陽暦では立春が新年の始まりであり節分はいわば大晦日。この大晦日に悪いものを祓い、新年の幸福を祈る風習が現在の「節分」という呼ばれ方の定義や行事の由来となっているそうです。

▪ 豆まき

もともとは中国からの風習、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式。また大豆をわざわざ炒るのにも「鬼を射る」ていう意味が込められいます。

▪ 恵方巻き       

起源は諸説あるそうですが、無病息災や商売繁盛を願って運を一気にいただくという意味があり、大阪の習慣で食べられた丸かぶり(太巻き)寿司と呼ばれていました。現在の恵方巻きは、平成10年に大手コンビニエンスストアが販売する際、恵方巻きという名前で販売したことで全国へ広まった。

因みに2019年の恵方は【東北東】です。

調べてみると、なんとなく思っていた通りやそうだったんだ。また企業の戦略がここでも・・・(笑)といろいろ分かりました。ですが、文化・風習ももちろん大切ですが、意味を知って自分なりにどう行事を楽しむかも大事。  

ということで、、、

写真柊.jpeg

私は毎年クリスマス用に使用していた柊をリメイクするのですが、今年の柊の状態が...

気を取り直し縁起の良い木、南天をメインにスワッグにし南西の壁に飾り1年充実することを祈っています。

 

花々や植物を束ねるだけで簡単に作れちゃうスワッグなので、節分の行事にプラスしてみてください。

お子さまと♪  かわいい愛犬と♪ お散歩中に拾った枝葉で、ご家族の皆さまのオリジナルの節分を是非楽しんでください。

 

節分後の次週は、ザウス初出展となる大阪オートメッセ2019です!!!

お越しになられた際は、ザウスのブースまで足を延ばしていただけますと嬉しく思います。

5号館にてスタッフ一同お待ちしております。 どうぞ宜しくお願いいたします。

(吉住)

2019年01月20日

王寺のバイクガレージハウス(雑誌掲載)

IMG_7120.JPG

2019年1月12日発売の雑誌「CLUB HARLEY」(発行/㈱枻出版社)に、

「王寺のガレージハウス・奈良」が紹介されています。

 

IMG_7119.JPG

P.040、041「見た目もスマートなビルトインガレージがほしかった」

~ 3台のハーレーを所有するオーナーが、

それぞれを快適に出し入れできるようにと工夫を凝らし、

スマートなビルトインガレージが完成した。~誌面より抜粋

 

他にもハーレーダビットソンオーナーのガレージハウス実例が掲載されていますので、

バイクのガレージハウスをご検討中の方はぜひご覧ください。

 

掲載されている 「王寺のガレージハウス・奈良」 はこちらからご覧いただけます。

 

 

(原田)

2019年01月19日

大阪オートメッセ2019に出展します

2月9日(土)・10日(日)・11日(月祝) の3日間、

南港・インテックス大阪にて開催されます

カスタムカーの祭典「大阪オートメッセ2019」に出展いたします。
 

IMG_7116.JPG

 
これまで「大阪モーターショー」や「大阪モーターサイクルショー」には

何度となく出展しておりましたが、オートメッセは今回が初出展となります。

 

大切な愛車をただ停め置くだけでなく、

安全に状態良く保管し、快適な環境で気軽に整備ができ、

常にその存在を意識できるような、クルマやバイク好きな方にはたまらないガレージ。

弊社がこれまで手掛けたそんな "ガレージハウス" の事例紹介をいたします。

 

IMG_3638(1).jpg

これは以前に「大阪モーターサイクルショー」に出展した際の展示ブースです。

 

5号館の端っこ(正面ゲート側)にてスタンバイしておりますので、

ご来場の際には是非!ザウスのブースにも足をお運びください。

同じ5号館には「TOYOTA GAZOO Racing」や「フォルクスワーゲン」が出展されています。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

~ 施主の皆さまへ ~

ご来場予定であれば、各担当スタッフにご一報ください。

数に限りはありますが、招待券の用意があります。

 

 

(原田)

2019年01月12日

謹賀新年

イノシシ1.jpg

新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

 

2000年の創業からはじまったザウスもお陰様で19年目に!!

初心を忘れずより一層 「理想の住まいをカタチに」

1点ものの住まいづくりのプロデュースに摯実に取り組みます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

ザウスも6日より本格始動しております。

ご相談会も随時受け付けておりますので、お気軽にご予約下さい。

スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 

今週は、ご家族の中で成人式を迎える方もいらっしゃるかと思います。

おめでとうございます。

華やかな三連休をお過ごしくださいませ。

 

 

(吉住)

2019年01月12日

【売物件情報】六甲の狭小住宅・神戸

131a4ed02375f7c697886010f15bfc2ddb16ea5d.jpg

弊社ザウスの「六甲ショールーム」としてご案内をしています、

六甲の狭小住宅・神戸」。

ご存知の方もいらっしゃいますが、実はこの家、

弊社スタッフ・原田の自宅、そう、私の自宅です。

 

001.jpg

建築家・フジハラアーキテクツの藤原誠司氏に設計監理を依頼し、

せっかく建築家と建てた "見れる事例" があるのだからと、

自宅でありながら弊社ザウスのショールームとして、

お問合せやご要望のあった方にご覧いただいております。

 

5.jpg

敷地面積39.36㎡(11.9坪)という土地において建蔽率が60%。

建築面積が【7.1坪】という超狭小住宅ですが、

そこはさすが!建築家の腕の見せどころ。

数字では測れない、とても開放的で豊かな空間を実現してもらいました。

 

リビング(夜).jpg

 

 

それがこの度、住み替えをする為に売りに出すことにいたしました。

・兵庫県神戸市灘区神前町

・重量鉄骨造3階建て 2LDK+駐車場

・2010年3月築(築約9年)

・阪急神戸本線「六甲」駅から徒歩5分

・JR神戸線「六甲道」駅から徒歩6分

・阪神本線「新在家」駅から徒歩15分

  

近日中に一般向けに売り情報を広く公開する予定ではありますが、

そこは "住宅プロデューサー" としての威信をかけ、こだわって建てた我が自宅。

願わくば「建築家との家づくり」に理解のある方に継いでいただきたいという

生みの親の心境です。

 

家へのこだわりは好みがありますが、非常に便利な立地です。

学校区も割と良いそうです。

 

ご興味を持っていただける方はお気軽にお問い合わせください。

詳細の物件情報をご案内させていただきます。

 

そして2軒目となる次の家もご期待ください。

たぶん、またショールームになると思います(笑。

 

 

(原田)

2018年12月03日

「枚方のガレージハウス」上棟後

IMG_6395.JPG

 

「枚方のガレージハウス」

 

特別なクルマ達が格納されるこちらのお宅。

壮大な棟上げを無事に完了し、

現場は大工工事の真っ最中です。

 

大切なクルマを4台格納することができるガレージ。

ただ格納するだけではなく、

ふとした生活の合間に眺めて楽しみ、

思い付いた時に気兼ねなく整備ができ、

気の合う仲間たちと共に存分にクルマ談義に華を咲かせ、

防犯も保管環境も万全。

 

5bd27caee9eb180355a89e226d4c04b0a9436e1b.JPG

 

木造でも少し特殊な工法を用いることで、

生活空間には2つの中庭と大きな吹抜けを配し、

非常に明るい大空間を実現しています。

 

IMG_6418.JPG

 

ガレージ内、特別な小部屋に気が付いた貴方。

今後の進化に乞うご期待です!!

 

 

(原田)

2018年09月01日

「白馬の家」訪問

f54ea575209d234538398ab3cf7cbb5a4ad32770.jpg

 
十数年前の話になりますが、私がザウスに入社して半年ほどが経った頃。

 

『定年後に移住する家を、長野県の白馬村に建てたい』

 

そんなご要望の計画をお手伝いさせていただきました。

手伝ったと言っても、先輩の補佐的な役割でしたがw

 

建築用地はその計画が始まる10年以上も前に既に購入済み。

聞けば、登山やスキーがご夫婦共通の趣味であり、

白馬での生活は学生時代から想い描いていた『夢』。

何十年もの長い月日を経て、施主様の想い入れはそれはそれは相当なモノでした。

ザウス入社後、最初から最後まで担当した初めてに近い物件でもあり、

私にとっても、とても想い入れの深い計画です。

 

そんな施主様からお招きを受けまして、

築12年が経った「白馬の家」にお伺いしてきました。

 

続きはこちら >>
2018年04月23日

住宅プロデューサーのとある週末

朝、始業30分前の 9:30 に事務所へ出勤。

この土日に神戸市北区にて開催予定の完成見学会の準備や

メール応対などの諸業務を行い、

お昼前に外出。

 

そう、お引渡しをしてから既に10年目~3年目を迎える

施主さん達の集まりにお呼ばれをしまして、

業務を放置して?業務として?向かいます。

 

その前に手土産を仕入れに「VALOIR」(淀川の狭小店舗併用住宅・大阪)へ

od22_21A3826.jpg

※画像は竣工写真撮影時のもの。(撮影/笹の倉舎 笹倉洋平

 

続きはこちら >>
2018年04月08日

断熱のいろいろ

毎年この時期になると、

「三寒四温とはよく言ったもので」と、

一つ覚えかのごとく口に出していますが、

今年は特に、花見のスケジュールに難儀いたしました。

皆さま、この週末、

"葉桜鑑賞会" は楽しまれましたでしょうか?

そんな花冷えのする週末には、断熱材のお話を。

 

IMG_E3919.JPG

神戸市東灘区にて建築中のガレージハウス。

全長5,300mmを越える大型車をさらにゆったりと格納し、

隣にももう1台、計2台分のインナーガレージを持つ家です。

それでいて最寄駅から徒歩3分という好立地!

個人的には昔ながらの風情ある銭湯まで徒歩1分、が魅力的です。

 

IMG_E3920.JPG

IMG_E3926.JPG

室内は "ふわふわに見えて実はカチカチ" な「吹付断熱」の施工が完了し、

内装下地の施工中です。

 

断熱材の選択肢としてよく検討されるのが、

グラスウールなどに代表される「充填断熱」と

吹付け断熱材を現場で発泡施工する上記写真の「吹付断熱」。

もちろん他にも挙げるとキリが無い程様々な選択肢がありますが、

ごくごく一般的なのはこの2択ではないでしょうか。

 

「充填断熱」と「吹付断熱」、断熱材の性能数値が同じであれば、

基本的に断熱性能は同じです。

当り前の話ですが。

違いが出るのは「施工精度」と「コスト」。

「充填断熱」では、

大工さんがメーカーの施工手順通りにキッチリと丁寧に施工をし、

電気屋さんや設備屋さんにも断熱欠損への意識を高く持ってもらえれば、

コストパフォーマンスに優れ、十分に断熱効果が得られます。

「吹付断熱」は専門の業者による責任施工となり、

手の違う別の業者に外注依頼をする為にコストは掛かりますが、

ほんの少しの隙間にもビッチリと断熱材を吹付けることができるので、

施工精度に安定・安心感があります。

 

IMG_E3922.JPG

このような、外部と接する金物が室内に露出する凹みにも充填でき、

 

IMG_E3927.JPG

配管周りもご覧のようにビッチリ隙間無く埋められます。

 

IMG_E3924.JPG

ここも外部と接する金物周り。

 

新築計画を進める中で、家の重要な基本性能を左右する「断熱」について、

検討し思い悩まれる方も大勢いらっしゃることと思います。

「外断熱」「次世代省エネ基準」「Q値・UA値」「高気密高断熱」

「パッシブハウス」「基礎蓄熱暖房」「木製サッシトリプルガラス」など

挙げるとキリが無い程、様々な選択肢が溢れています。

この議論は終わりが見えないので置いておきますが、

性能やスペックばかりを追い求めるのではなく、

自身の生活のスタイルに合うのはどれか?を念頭にご検討下さい。

私は深い軒と縁側のある、障子と襖の家が心地良く感じます。

(原田)

ザウスではさまざまな角度からお客様に最適な選択肢はなにかを考えて、ご提案しています。
お住まいのお話をお伺いするところからご相談を承っております。
お電話等でご予約の上、お気軽に最寄りのザウス各店へお越しください。

2018年03月29日

古家の解体

例年に比べ、一足も二足も桜の開花が早く、

まだ春の気分に浮かれる準備ができていません。

この木・金で急いで準備をしまして、

週末の宴会に備えなければ!!

という方は、私だけではないですよね?

 

 

さて、今回は不動産の売買に関わるお話を少し。

 

家を新築する際、古家の解体工事が関わってくるケースがあります。

建替えはもちろんですが、今回の話は新たに「古家付土地」を購入した場合について。

 

「古家付土地」として売りに出されているので、一般的にはそのまま文字通り、

古家と土地両方を購入し、両方の所有権を移してから買主の責任で古家の解体・滅失を行います。

これ、様々なリスクになる事が多いのはご存知でしょうか?

 

様々な細かいリスクもあるのですが、大まかには以下の4点。

・不要な登記費用が余分に掛かる

・固定資産税の精算に関わる

・解体費用について

・解体工事について

 

まず、登記費用が余分に掛かる、コストのリスクです。

古家にも当然登記がありますので(稀に無いケースもありますが)、

すぐに取り壊す予定の建物であっても、

売買の決済の際には「土地」と「建物(古家)」の両方の所有権を買主に移します。

気の利く不動産屋さんであれば、「土地」の移転のみで、

「建物」の移転登記は不要としてもらえますが、

住宅ローンを利用する場合、金融機関がダメと言うケースもあります。

担保とする土地に、第三者所有の建物が残っていたらダメ、という理屈ですね。

所有権移転・保存登記費用として、登録免許税と報酬額合わせて数万円、余分に掛かります。

 

固定資産税の精算について、

固定資産税と都市計画税はその年の1月1日時点の所有者に対して1年分が課税され、

その年の4~5月に納税通知書が届きます。

ですので、年をまたぐ取引きの際には注意が必要です。

1月1日の所有者が誰なのか?土地だけなのか?建物もあるのか?で、

固定資産税の金額や請求先が変わります。

 

次に解体費用について。

これまで数十軒と解体工事を依頼してきましたが、

解体費用の目安の曖昧なコト。

金額の基準があるようなないような、

場所とタイミングによって金額に大きな開きがあります。

「解体なんて壊して撤去するだけやん、安いんが一番」と言われることもありますが、

後で元に戻らないものを壊してしまうリスクは想像以上です。

 ・隣家の壁を壊す、傷つける

 ・残す予定の切ったらダメな木を切る

 ・公共の側溝などを壊す

など、普通に考えるとありえないコトなのですが、、、まぁまぁあるのです。

しかも、後でお金で解決できない問題も多く含まれます。

身元の知れた、ちゃんとした解体屋さんはとても貴重な存在です。

 

そして解体工事について。

建物本体の解体で問題になる事は少ないのですが、

問題は地下に隠れた地中埋設物。

・古い基礎構造物(古家とは別の基礎など)

・古い浄化槽(昔使っていたものをその場で埋めただけという事がある)

・巨石、岩

など、別途見積りとなるものが出てきた際、冷や汗が出ます。

近頃は廃棄物の分別が厳しく、タイルが数㎥出てくるだけで追加費用を請求されます。

 

先日の解体現場ですが、

DSC_3036.jpg

DSC_3037.jpg

DSC_3038.jpg

 

こんな古い鉄筋入りの基礎・地中梁がゴロゴロ出てきたのですが、

隣家との境界や道路側溝などに絡む、とてもシビアな解体でした。

久しぶりに心の底から「"解体売主負担" で取引きして良かった―」と思いました。

 

そうです、我々ザウスが土地の売買取引をお手伝いする際、

土地代金を実質下げる目的もあるのですが、

「解体を売主にやってもらう」ことを最大限努力します。

何でしたら費用を上乗せしてでも、売主に解体してもらいたいと思ってます。

 

解体はとにかく近隣住民への配慮がとても大切なのですが、

元々顔なじみである売主が「ちょっと迷惑かけるねー」と言うのと、

新たに購入してバーンと解体してドーンと新築を建てる買主が「ご迷惑をお掛けしますが...」

と挨拶に行くのでは、とても印象が違います。

隣家との境界があいまいな場合は尚更、できる事ができなかったりもします。

 

不動産取引、ちょっとした工夫で大きなリスクを回避することができます。

 

(原田)

土地探しや建替え等、住まいづくりは、ザウスにご相談ください。
最寄りのザウス各店へご予約の上、お越しください。ご相談の費用はいただいておりません。