articlesみんな、どんな要望を出しているの?こだわりのガレージハウスの建て方

愛車のバイク7台に囲まれた至福のガレージスペース
朝霞のガレージハウス・埼玉

「建築家とザウスのプロデューサー、2人のプロフェッショナルと出会ったおかげで、細かい部分まで理想通りのガレージハウスに仕上がりました。おかげで、バイク遊びに拍車がかかりそうです(笑)」
所在地/埼玉県
敷地面積/80.2m2(約24.3坪)
延床面積/113.6m2(約34.4坪)
ガレージ/32.4m2(約9.8坪)
ビルトイン台数/1台
愛機/2011年型ハーレー・ダビッドソン・ スポーツスター48・ XL1200X 他6機

クルマ1台に加え、7台のバイクを所有するオーナーが希望したのは
「保管場所としてだけではなく、快適に整備ができる空間」。
そうした明確なイメージを信頼できるプロフェッショナルに伝え
ライフスタイルに見合った理想のガレージハウスが完成した。

雑誌 ガレージのある家 vol.29 掲載
photo /アトリエ・フロール株式会社 text / Kazunari-IWATA(岩田一成)

「もともとは、仲間と共同でガレージとして倉庫を借りていました。そのため、家を建てるなら絶対にビルトインガレージ付きにすると決めていました」

バイクでダートトラックやモトクロス、エンデューロなどのレースを楽しみ、休日には愛車のハーレーにタンデムして夫婦で北海道や九州をツーリングする。レース用の競技車両を含めて7台ものバイクを所有する、大のバイクフリークであるKさんは、以前から自らが理想とするガレージハウスを建てることを夢に描いていた。

(写真上)友人が遊びに来た際にクルマが止められるよう、建物の手前に広めのスペースを確保している。敷地の一部に、緑が映える芝生スペースを設けているのもKさん流のこだわりだ。
スクエアな外観フォルムは、白が基調でシンプルモダンなイメージを演出。2階と3階部分を意識的にセットバックすることで、建物に立体感をプラスしているのも特徴だ。
ガレージ内に保管された愛車のバイクは合計7台!メタルラックやツールボックス、エアコンプレッサーなどが整然と並んだガレージは、サーキットのピットのような雰囲気だ。趣味でダートトラックやミニモトクロス、エンデューロなどのバイクレースを楽しんでいるKさん。もちろん、バイクのメンテナンスや修理などはすべて自分の手で行っている。

「建売住宅も見学しましたが、"ガレージ=単なる保管スペース"としてしか考えられていなくて。どうしても、そこでの楽しい生活を思い描くことがませんでした」。 そんな折、小誌で住宅プロデュース会社の『ザウス』を知り、平成23年4月に東京店の相談会に参加。

そこで出会ったプロデューサーの廣畑さんと意気投合し、その後、同社がプロデュースしたガレージハウスを何軒か見学して、「ここなら自分のライフスタイルに見合った家づくりができる」と、確信したという。

ホワイトの内壁とフローリングが絶妙に調和した2階のリビング。壁面に大型の窓を設置することで、明るさと開放感に溢れたくつろぎの空間を作り出している。
キッチンは使い勝手を最優先してシンプルにデザイン。間仕切りを低くすることでリビングと一体になったオープンスタイルとし、家族とのコミュニケーションも円滑に。
3階ホールには、多目的に使用できるエキストラスペースを確保。造り付けのデスクにはノートPCやプリンターをすっきりと配置して、家族の誰もが気軽に活用できるように配慮。

家づくりにあたっては、希望エリアでの土地探しから廣畑さんに相談。設計を担当した建築家・濱里豊和さんとも、同じ兵庫県出身ということで出会った当初から話が合ったと話すKさん。 『ザウス』とともに、濱里さんとも全幅の信頼を置いて家づくりを進めることができたそうだ。

プランを煮詰めていく過程では、打ち合わせが8時間という長時間に及ぶこともあったそうだが、密度の濃い打ち合わせを重ねるごとに、Kさんが思い描くガレージハウスのカタチが着実に明確化されていった。

3階に設けた子ども部屋は、左右対称に2つのスライドドアを配置。将来的に2部屋に区切ることができるよう、フレキシブルなデザインを採用しているのがこだわりだ。
白を基調に、シンプルにコーディネートされたベッドルーム。「外から生活が見えないようにしたい」というKさんの希望で、ベッドに合わせて窓の高さを上げているのがポイント。
階段や手すりの素材は、リビングや各部屋のフローリングと統一。白の内壁にダークブラウンのウッドを組み合わせることで、温かみの感じられる空間を演出している。

白を基調にデザインされたK邸は、1階をビルトインガレージ、2階をパブリックスペース、3階をプライベートスペースと、Kさんのライフスタイルに沿って空間が明確にエリア分けされている。 積極的に窓を設けて開放感を演出したほか、2階にアウトドアリビングとしてテラスを設置するなど、コンパクトな空間を最大限に生かして快適なライフスペースを作り上げている。

外観は四角い箱型デザインとしながらも、2階・3階部分をセットバックさせることで、奥行き感と立体感に溢れるフォルムを作り出したのもポイントだ。

ダウンライトに照らしだされた愛車の1台、2011年型ハーレー・ダビッドソン・スポーツスター48・ XL1200X。木製ガレージドアによる温かみのある雰囲気によく馴染んでいる。
愛車のうちの3台は完全な競技車両。レースのためのメンテナンス作業が快適に行えるように、ガレージ内にはエアコンや換気扇、温水器付きシンクなどが完備されている。

Kさんがもっともこだわった1階ガレージは、クルマ1台と、バイク7台が余裕を持って駐車できるスペースが確保されている。 ツールボックスやエアコンプレッサーなどを配したガレージ内には、メンテナンスなどの作業が快適に行えるよう、換気扇やエアコンのほか、温水器付きのシンクやトイレも完備。 ガレージ内を柔らかく照らし出すダウンライトと木製ガレージドアの組み合わせで、無機質なイメージに温かみをプラスして、居心地のよい空間を作り上げた。

担当プロデューサーの廣畑さんも、土地探し、土地契約、予算調整のアドバイスなど、さまざまな面からKさんの家づくりをサポート。「2人のプロフェッショナルと出会ったおかげで、細かい部分まで理想通りのガレージハウスに仕上がりました」とKさん。「おかげで、バイク遊びに拍車がかかりそうです(笑)」。

四角い箱型を元にデザインされた外観フォルム。ホワイトの外壁と木製のガレージドアの調和によって、シンプルモダンなイメージに柔らかな印象をプラスする。

owners check
ここがお気に入り

ガレージに温かみのある木製のガレージドアを使用したところですね。外観の一部に芝生エリアを設けたのもこだわりですし、自分で図面を引いて製作したカフェ風の木製立て看板 (表札兼ポスト)も気に入ってます。

これからの夢

外壁がサイディングではなく吹き付け塗装なので、年数が 経ったら違う色で塗装し直すのもいいですね。木製のガ レージドアなので定期的なメンテナンスは必要ですが、手を かけていくことも楽しみです。

読者へのアドバイス

愛車を常に見ていたいのか、車両保管だけではなくそこで 整備をしたいのかなど、目的によってガレージのデザインや 装備品は変わります。まず「自分がそこでどういう生活をした いのか」をしっかりと考え、建築家に明確な希望を伝えれば、納得のいくガレージハウスに仕上がると思います。

From a Architect
濱里豊和さん

クルマ1台とバイクを複数台駐車したいとのご要望でしたの で、打ち合わせ開始当初から、「個性的で面白い空間にな りそう」とワクワクしていました。建物は、1階にガレージ、2 階にリビング、3階に個室と、階層を振り分け、南向きを生 かして積極的に窓を採っています。間取りの整理、窓の採 り方、通路スペースの排除などの諸要素を取りまとめて、 建物全体としてスッキリとしたイメージに繋がるよう心掛けま した。2階と3階をセットバックさせてデザインに取り込み、奥 行きのある立体的なファサードとしたのもこだわりです。

お引渡しまで2年に及ぶお付き合いでしたが、毎度別の話に脱線しつつ楽しく打ち合せをさせていただきました。K様が調べられた候補地に対して、プランニングの可能性や予算オーバーのリスクなどのアドバイスをさせていただいたり、土地+建物+諸費用の予算配分を随時お伝えしたり、ご要望がプランニングにしっかりと反映されているかをチェックした りと、裏方として家づくりをトータルでサポートさせていただきました。最終的に、K様のクリエイティビティが全体に反映した、ご満足いただける家に仕上がったと思います。

Planning Data
所在地 埼玉県
竣工 2013年
敷地面積 80.2m2(約24.3坪)
延床面積 113.6m2(約34.4坪)
ガレージ部面積 32.4m2(約9.8坪)
愛機 2011年型ハーレー・ダビッドソン・ スポーツスター48・ XL1200X 他6機
設計 一級建築士事務所 濱里豊和建築事務所
施工 株式会社下田工務店
プロデュース ザウス株式会社・ザウス東京店

ガレージのある家 vol.29 掲載

発行年月日:2013年11月18日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求の自由記入欄に「ガレージハウス事例集希望」とご記入ください。
理想のガレージハウス20邸を掲載

PAGE TOP