articlesみんな、どんな要望を出しているの?こだわりのガレージハウスの建て方

外部からの視線を巧みに閉ざし、内部は中庭を中心に明るく開放的なガレージハウス
垂水のガレージハウス・神戸

「僕らが言えな かったことや気づかなかったことを、建築家や施工会社 の方達に上手に伝えてくれました。コストに関してもきちんと調べて検討してくれた。僕らは信頼できるプロと 出会ったことで、すべてを任せることできました。その結果、これだけ満足する家を手に入れられた。」
所在地/兵庫県神戸市
敷地面積/228.04㎡(約69.0坪)
延床面積/194.08㎡(約58.7坪)
ガレージ/55.22㎡(約16.7坪)
ビルトイン台数/3台
愛車/2008年式 ポルシェ911 GT3RS
2010年式 BMW M5、2011年式 BMW 130iMスポーツ
2003年式 スバル・サンバー

外部は周囲からの視線を巧みに閉ざすように真っ白な壁で覆い、
内部は中庭を中心に明るく開放的な空間が広がる。
この家は、住まい手が信頼できる人たちとの出会いによって
もたらされた上質な住まいであり、憧れのガレージハウスなのである。

雑誌 ガレージのある家 vol.27 掲載
photo /Kazushi-HIRANO(平野和司) text /Natsue-ISHIKURA(石倉夏枝)

外と内では印象が大きく異なる。巧みに光を操るベテラン建築家の手腕に脱帽。周囲はハウスメーカーの住宅が建ち並ぶ新興住宅地の一角。外部からの視線を遮るように開口部の少ない真っ白な外観と、道路に面して2方向に設けられ たインナーガレージが印象的なこの家は、Fさんが「家族のため、クルマのため」に作ったガレージハウスだ。

(写真上)木造でありながら6mの門型フレームの採用でガレージも広々。"高嶺の花"と諦めていたワールドガレージドアの木製オーバーヘッドドアも施工会社の尽力で採用することができた。
2方向が道路に面する角地にあるF邸。3台分のガレージは、開口部を道路に面して2カ所に分けることで実現できた。新興住宅街の中でひと際目立つ真っ白な外観が印象的。
Fさんの要望のひとつだった愛車を見渡せるギャラリースペースも実現。「ギャラリーは少し高い位置にあるので、コックピットまでよく見渡せる」とFさんもご満悦の様子。

家が手狭になったことに加え、借りていたガレージの雨漏りがひどくなったことで、家づくりを決意したFさん。以前から小誌などで目にしていた住宅プロデュース会社 『ザウス』に、土地探しの段階から相談することに。幸運にも早々に希望エリア内で要望を満たす土地が見つかり、ザウスが間に入って不動産会社と交渉を行った結果、より良い条件で土地を購入することができた。

本格的にスタートしたFさんの家づくり。設計はシンプルでモダンなデザインを得意とする建築家、田中幸実さんに依頼。「先生が手掛けた家は、どれもデザイ ンに清潔さとシンプルさがありました。人柄も大きな決め手でした」とFさん。担当プロデューサーも驚くほど、初対面からお二人の波長はぴったりで、終始一貫して打ち合わせはスムーズに行われたそうだ。

エンジンサウンド、高回転の官能性、MTのシフトチェンジ時など、Fさんを虜にするポルシェ911 GT3 RSの魅力の数々。「本当はサーキットを思い切り走ってみたい」
ファミリーカーとして使うBMW M5と奥さま専用のBMW130iMスポーツの2台がゆったりと並列駐車できるガレージ内。こちらも白を基調にすっきりとした空間だ。

Fさんが要望したクルマ3台分のガレージは、開口部を2方向の道路に面して分けて設置することで実現。とりわけFさんが愛情を注ぐポルシェ911 GT3RSは、 クルマそのものが美しいオブジェのようにガレージに納まっている。そして、ガレージの隣のギャラリーからは愛車のコックピットまで見下ろすことができ、Fさんの一番のお気に入りの場所だ。

昔乗っていた愛着あるクルマのシフトレバーが、なんとドアの取っ手に早変わり。こんな遊び心が取り入れられるのも、建築家との家づくりの醍醐味だ。
ギャラリーから2階へと続く階段。階段はF邸のために鉄骨で作ったオリジナルだ。すっきりとしたデザインで、まるでオブジェのように存在感を放つ。

さらに、中庭からの採光に加えて、トップライトからの日差しがたっぷりと降り注ぐ2階のLDKは、田中さんがこだわった壁や天井の"白"が陽の光を受けて、より一層引き立ち、室内に上質さをもたらしている。 「初めてこのプランを見たとき、窓が少ないので暗いのではと思いました。でも、実際に住み始めたら、想像以上に明るい(笑)。リビングも広くて快適です。夜は中庭やベランダのダウンライトの灯りで、とても雰囲気があります」とFさん。

Fさんがふと漏らした一言から、LDKと子 ども部屋の天井と壁は珪藻土仕上げ に。子どもたちの健康にも配慮しなが ら、室内に上質感をもたらした。LDKの 心地よさを決定づけるオーダーメイドの アイランドキッチンも印象的だ。
キッチン越しに見えるのは子ども部屋の ドア。リビングから続く子ども部屋の確 保は、当初からのFさんの要望の一つ。 キッチンが家の主役として存在する。

相性抜群だった建築家とのスムーズな家づくり。し かし、その陰には担当プロデューサーの細やか な心配りがあったからだとFさんはいう。「僕らが言えな かったことや気づかなかったことを、先生や施工会社 の方達に上手に伝えてくれました。コストに関してもき ちんと調べて検討してくれた。僕らは信頼できるプロと 出会ったことで、すべてを任せることできました。その 結果、これだけ満足する家を手に入れられた」。

外部への開口部が少ないF邸だが、室 内は明るさで満ちている。2階の階段 ホールにも天窓からの日差しが降り注 ぎ、周囲を明るく照らし出す。
1階のギャラリーの隣に設置された和室 は、天井は無垢板張り、襖は和紙を用 いるなど本格的なつくり。ご両親など泊 まりに来たときのための客間として用意 されている。

これ まで休日はほとんど外出していたそうだが、これからはガ レージで雑誌を読んだり、クルマを眺めたりして、気分 をリフレッシュしたいと話すFさん。「家で過ごす時間が 確実に増えそうですね。それもまた楽しみです(笑)」。

owners check
ここがお気に入り

やはりギャラリーから見えるガレージでしょうね。GT3 RSが納 まったガレージはやや上から見下ろすような形なので、コック ピットもよく見えるので気に入っています。それから予想外に 室内が明るいところも。真っ白な空間なので汚れも気になり ますが、極力、汚さず、掃除を頑張りたいと思います(笑)。

これからの夢

普段は仕事が忙しいので、休日はガレージで雑誌を読んだ り、クルマを眺めたりして、リラックスしたいと思います。

読者へアドバイス

土地探しから家づくりを始める方こそ、ザウスにすべて任せ てみてはいかがでしょうか。僕らも不動産会社の交渉から、 住宅ローンのことまで親身に相談に乗ってもらいました。建 築家も同じように、信用して全部お任せでもいいかもしれな いですね。我が家もそれで満足できる家ができました。

From a Architect
田中幸実さん

敷地は新興住宅街の一角、2方向を道路に面した角地だっ たので、近隣からの視線を防ぐように極力開口部を少なくし ました。これによって生じる居室の採光不足は、中庭やトッ プライトを設けて工夫しています。またガレージは6mスパン の木造門型フレーム工法を採用し、広々とした空間を確保 しました。内外ともに用いた“白”はこだわった点のひとつで、 落ち着いた“白”を追究しています。今回、すべてにおいて スムーズだったのは、裏方の業務に徹してくれた原田さんの おかげでもありますね。

今回は、Fさんと建築家、田中さんの波長がぴったりだった ので、僕らはどちらかというと土地の交渉や建築費の検証 など裏方に回ってサポートさせていただきました。その中で、 Fさんが言えないことや気づかない点があったら、すばやく 的確に建築家や施工会社に伝えるようにしました。こうして 僕らを信頼してくれて、すべてを任せてくれたFさんの期待に 応えることができてホッとしています。真っ白な外観が印象 的なF邸は、真新しい住宅が建ち並ぶこのあたりでもシンボ ル的存在になるのではないかなと思っています。

Planning Data
所在地 兵庫県神戸市
竣工 2013年2月
敷地面積 228.04㎡(約69.0坪)
延床面積 194.08㎡(約58.7坪)
ガレージ部面積 55.22㎡(約16.7坪)
愛車 2008年式 ポルシェ911 GT3RS
2010年式 BMW M5、2011年式 BMW 130iMスポーツ
2003年式 スバル・サンバー
設計 田中幸実建築アトリエ
施工 株式会社ウッドワン関西
プロデュース ザウス株式会社・ザウス大阪店

ガレージのある家 vol.27 掲載

発行年月日:2013年4月15日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求の自由記入欄に「ガレージハウス事例集希望」とご記入ください。
理想のガレージハウス20邸を掲載

PAGE TOP