articlesみんな、どんな要望を出しているの?こだわりのガレージハウスの建て方

敷地面積およそ16.4坪のいわゆる「狭小住宅」でありながらも家のどこでも開放感を感じられるガレージハウス
昭島のガレージハウス・東京

「不動産会社やローン会社との仲介や、建築家とのイメージのすり合わせだけでなく、困ったら何でも相談に乗ってくれるのが助かりました。私のイメージに対して色々と素敵な提案をいただき、打ち合わせが楽しかったです」
所在地/東京都
敷地面積/54.2m2(約16.4坪)
延床面積/108.5m2(約32.8坪)
ガレージ/27.1m2(約8.2坪)
ビルトイン台数/2台
愛車/BMW Z4、ダイハツ・MAX

都内の駅から徒歩3分、通勤に至便な立地の住宅街に完成したT邸は、
クルマ2台を横に並べられる間口4570mmのガレージを備えた堂々たる構えだ。
敷地面積およそ16.4坪のいわゆる「狭小住宅」でありながらも、
家のどこでも開放感を感じられるガレージハウスを紹介しよう。

雑誌 ガレージのある家 vol.36 掲載
photo / アトリエ・フロール株式会社 text / Kota-TAKEUCHI(竹内耕太)

Tさんが住宅プロデュース会社『ザウス』を知ったのは、家づくりを検討し始めてしばらく経ち、自分のやりたいことがかなり固まってきた頃、小誌『ガレージのある家』を読んだのがきっかけだという。

アメリカ製のフロストガラスのガレージドアと、ステンレスの質感にこだわってオーダーした玄関ドアはTさんのこだわり。接道からは中の様子を窺うことはできない。

クルマ2台を横置きでビルトインしたいことと、駅に近いことを条件に土地を探していたTさん。イメージ通りの家を建てられるパートナーを求める中で、『ザウス』に相談することにしたのだった。「巾木のイメージをすぐ分かってもらえた時にここだと思いました(笑)」。

ガレージとつながる玄関ホールは自転車2台を置いても余裕のある広さで、スノーボードのメンテなどちょっとした作業スペースとして活用。収納兼書斎スペースはガレージが見えるようになっている。

現在の土地が見つかり、設計は「Tさんのイメージするガレージハウスならこの人」と廣畑プロデューサーから推薦された建築家・田中ノリヒトさんに依頼することに。要望のポイントはビルトインガレージと、「外に閉じて内に開いた家」という、言葉は簡単でも実現するのは難しいイメージだった。

2階のデッキはそのまま吹き抜けとなり、屋内には採光と視線の抜けをもたらす。外部の視線から守られたアウトドアリビングとしても活躍するだろう。

それに対する田中さんの回答は、2階のデッキから3階までを貫く吹き抜けの空間を設けることで、居住空間に採光と、視線の抜けを確保するというものだった。2階のLDKは、入ってすぐにキッチンカウンターが出迎えるレイアウトに。ご夫妻2人とも料理をするので、最も長い時間を過ごすキッチンは、バーのようにずっといたくなる場所としたかったのだ。

2階の大きなキッチンはAcca Style製をセレクト。ダークな色調の落ち着く空間にしたいと、Tさん夫妻の好みでオレンジとグレーの壁紙を厳選した。

寝室などが並ぶ3階にも吹き抜けと接するホールを配置し、セカンドリビング的な共用スペースとしている。

3階は部屋+廊下とはせず、吹き抜けからの採光に恵まれたセカンドリビングとして共用のスペースとするプランに。

ご主人自らスイッチプレートやタオルバー、玄関框、排気フード、宅配BOXなど細かな仕様まで検討し、ネットで探して「これどうですか」と施主支給になったものも多いT邸。

夕暮れには間接照明の光がオレンジの壁紙にゆたかな陰影を与えるリビング。外部からの視線を気にせずくつろげる、快適な空間だ。

ご主人は「不動産会社やローン会社との仲介や、建築家とのイメージのすり合わせだけでなく、困ったら何でも相談に乗ってくれるのが助かりました。私のイメージに対して色々と素敵な提案をいただき、打ち合わせが楽しかったです」と『ザウス』との家づくりを振り返る。住宅密集地でも近隣を気にせず窓を開けて過ごせる住まいは、イメージ以上の仕上がりとなったようだ。

owners check
ここがお気に入り

外の目線を気にする事なく夜でも窓を開けっぱなしにでき、くつろげるリビングです。キッチンとリビングに色々な居場所があるのも気に入ってます。

これからの夢

テラスをリビングの一部として、中のソファに座っているのと同じくらい快適な空間にしたいと思います。ガレージの中もこれからですね。

読者へのアドバイス

自分のイメージに近い物を根気よく探せば、予算内で必ず良い物に巡りあえると思います。WEB上の画像検索がオススメです!頑張ってください!

From a Architect
田中ノリヒトさん

道路に対する高さ制限と周囲に開くことのできない場所柄、天空率をにらみながらボリュームを確保すべく試行錯誤しました。外壁3階の大きな開口は、天空率を満たしつつ2階への採光を確保するための、デザイン的には重要な仕組みです。Tさんはデザインに対する明解な指向があったので、要望を取り入れながら部屋の配置や空間のつながりを提案いたしました。コンパクトではありますが、多彩な生活シーンが繰り広げられる密度の高い住宅になったと思います。

T様と初めてお会いしたのは約1年半前、現在の土地をご自身で見つけて来られる前の段階でした。その後土地が見つかり、弊社から田中ノリヒトさんにテストプランを依頼して建物の間取りや規模をシュミレーションしました。不動産契約書の内容をチェックした上で、無事に土地のご契約へと進み、いよいよ建物計画がスタート。T様は好みやご希望をはっきりと持っておられ、またご自身でも精力的に、自分の感性に合う部材等を探して来られました。それをどう取り入れるか検証してゆく打ち合わせは、大変ながらも、とても楽しかったです。11月予定の第2回目ホームパーティ、楽しみにしてます!

Planning Data
所在地 東京都
竣工 2012年5月
構造 木造在来3階建
敷地面積 54.2m2(約16.4坪)
ガレージ部面積 27.1m2(約8.2坪)
愛車 BMW Z4、ダイハツ・MAX
設計 空創計画・田中ノリヒト
プロデュース ザウス株式会社・ザウス東京店

ガレージのある家 vol.26 掲載

発行年月日:2012年11月16日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求の自由記入欄に「ガレージハウス事例集希望」とご記入ください。
理想のガレージハウス20邸を掲載

PAGE TOP