articlesみんな、どんな要望を出しているの?こだわりのガレージハウスの建て方

開放感あふれる中庭を持つ、愛車をやさしく包み込むガレージハウス
京都北区のガレージハウス

「店舗内装関連の仕事をしており、内装については仕事柄人一倍詳しい。だからこそ、こだわりをきっちり再現してくれるパートナーを選びたかった。建築会社を数社回ったが、思い描くデザインを共有できると感じたのはザウスさんでした」
所在地/京都市北区
敷地面積/154.3m2(約46.7坪)
延床面積/111.8m2(約33.8坪)
ガレージ/30.2m2(約9.1坪)
ビルトイン台数/2台
愛車/ダットサン・フェアレディ ほか
他の特徴/中庭のある家、二世帯住宅

建築主、建築家、プロデュース会社、
三者の共演でこそ生まれたガレージハウス。
古の都、京都に建つN邸は、開放感あふれる中庭のあるお宅だ。
名車フェアレディをやさしく包み込むこのガレージハウスは、どのように誕生したのだろうか。

雑誌 ガレージのある家 vol.32 掲載
photo / Yohei SASAKURA(笹倉洋平)text / Shunsuke OOBUCHI(大渕俊輔)

硬質なタッチのガルバリウムを用いながらも、随所に設えられた格子状の窓からもれる明りが、全体の雰囲気をやわらかくする。京都+国産旧車とくれば、自然と和のイメージが強くなる気がしてしまうが、N邸は和の落ち着いた空気だけを残したモダン住宅として、見事な調和を見せてくれる。

建築主のNさんは、店舗内装関連のお仕事をしており、内装についてはプロ中のプロ。だからこそ、ご自身のこだわりをきっちり再現してくれるパートナーを選びたいと考えるのは当然のことだ。建築会社を数社回ったが、「思い描くデザインを共有できる」と感じたのは『ザウス』であったという。

ほぼすべての部屋に面した中庭には、燦々と陽が入り、実に気持ちのいい空間とされている。なお、2階のバルコニーからも愛車の一部が目に入るよう設計されている。
フェアレディとNSRという2台の愛車が収まるガレージ。フェアレディは日常の足として使用しており、それだけにメンテナンススペースは絶対条件と言えよう。

そんなNさんがガレージハウスに求めたのは、二世帯住宅であることと、メンテナンスもできるガレージがあること。とはいえ、狭く、風通しのよくない家になるのでは本末転倒である。元々お住まいの土地で、上記の条件が満たされるのなら建て替えたいというものだった。

建築家として選んだのは田中幸実さん。シンプルかつ合理的な家作りに定評があり、特にインテリアにこだわりを持つ建築主からは、絶大な支持を集める建築家である。内装のプロと家作りのプロ、それぞれに確立された世界観を持つおふたりは、打ち合わせを重ねることで、徐々にその価値観を共有していった。

Nさんがキッチンや家具などのパース図を描いて持参し、それを田中さんが考える建物にどうマッチングさせるかについて議論したこともあったというから、家作りに対する"真剣勝負"が繰り広げられたわけだ。

ゆったりとしたスペースがとられた2階のバルコニーから見た夕暮れ時の中庭。誰の目も気にすることなく、空を眺め、愛車を眺められる。
ウォークインクローゼットが備わる寝室。内装デザインのプロであるNさんにとって間接照明による演出はお手のもの。
Nさんは1000冊以上の本を所有しており、それらを収める棚は階段 横に設けられた。スチールのストリップ階段とすることで解放感も保っている。

一方、担当プロデューサーの氏はこう振り返る。「来店当初より、家のイメージだけでなく、暮らし方においてもしっかりとしたイメージをお持ちでした。ですから、どちらかというと私の仕事はNさんの要望、それに対する田中さんの提案、そのふたつの要素により拡大したコストやスケジュールの調整が主なものでした。

デザインや機能性を損なうことなく、いかにコストパフォーマンスの良い素材、アイデアを探し出すかに注力したつもりです」。こうして、1 階にガレージとお母様の住居スペース、 2 階にNさんご夫妻のスペース、そしてそれらのほぼすべてに面した中庭のあるお宅は完成した。

世界遺産が点在し、街全体の景観保護にも数々の規制が設けられているこの地において、N邸は性質の異なる様々な要望を、関わる人すべての創意工夫により満たしたお宅と言えるだろう。

白で統一された清潔感あふれるバスルームは、デッキに面して窓が設けられているため、ご覧の通りの明るい雰囲気。
Nさん自らデザインしたキッチンが収まるリビングダイニング。
ロフトも備わっている。高さこそないものの、収納スペースとしてとても有用。
Planning Data
所在地 京都府
竣工 2013年
敷地面積 154.3m2(約46.7坪)
延床面積 111.8m2(約33.8坪)
ガレージ部面積 30.2m2(約9.1坪)
外装仕上げ ガルバリウム鋼板(一部モルタルにリシン吹き付け)
内装仕上げ ペイント仕上げ
愛車 ダットサン・フェアレディ ほか
設計 田中幸実建築アトリエ・田中幸実
施工 株式会社山本安工務店
プロデュース ザウス株式会社・ザウス大阪店

ガレージのある家 vol.32 掲載

発行年月日:2014年11月11日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

ご希望の方にガレージハウス事例集プレゼント中 資料請求の自由記入欄に「ガレージハウス事例集希望」とご記入ください。
理想のガレージハウス20邸を掲載

PAGE TOP