住まいは建築主自身が最も満足できる空間であるべきです。

小河原 一郎(オガハラ イチロウ)

1978年近畿大学理工学部建築学科卒業、無有建築工房勤務。84年小河原建築設計事務所開設、87年〜中央実務専門学校非常勤講師、91年~大阪ガスインテリアデザインスクール講師、98年近畿大学非常勤講師、97年第20回INAXデザインコンテスト銀賞 (中津原の民家)、2000年第3回木材活用コンクール住宅部門賞 (甲東園の家)。趣味はスキー・ディンギー・ゴルフも少々しますが、下手です。最近は、手軽にトレッキングを楽しんでいます。音楽は、ジャズを好み、お酒もいけるほうです。

住まいは、建築主自身が最も満足できる空間であるべきです。住まいへの満足を突き詰めてかんがえたとき、 1、自然環境との関係 2、素材の選択。 3、合理的なプラン。 4、洗練されたデザイン。が重要なポイントだと思います。私は、これらの項目が、同時にバランスよく実現できたとき、その空間の質が飛躍的に向上し、住まい全体を包み込んでくれると考えています。

ザウスで設計を手がけた施工例

設計例

「K邸」
外観

「K邸」
夜景

「K邸」
玄関

「K邸」
階段

「K邸」
リビング・ダイニング

「K邸」
リビング・ダイニング

「K邸」
キッチン

「K邸」
両親の部屋

「M邸」

「Y邸」
外観

「Y邸」
中庭

「O邸」

「クリニック」

「和風住宅」

「リフォーム例」