EVENT イベント

第1086回 【完成見学会】灘の超狭小住宅・建築面積約6.7坪


イメージが近い「小曽根の狭小ガレージハウス」LDK 撮影/矢野紀行

開催日時 5月27日(日) 13:30〜
開催場所 神戸市灘区
講師 建築家 室 喜夫(藤原・室 建築設計事務所)
定員 5組様限定(予約制)
参加費 無料
お問合せ先 ザウス大阪店
フリーダイヤル 0120-360-354

1 「狭小住宅」や「中庭のある家(コートハウス)」などお好みに合わせた住まいに関する建物・資金のアドバイスを受けれるようになります。
2 土地探しから住まいづくりをはじめる方は、土地に対して第三者の立場からアドバイスが受けられます。

上:工事中の外観。タテ方向に長い、木材を外壁に張り、
見た目の小ささを感じにくくしています。
下:工事中のLDK。上部の吹抜とトップライトのおかげで、
照明を点けなくても明るい空間

神戸市灘区に超狭小住宅が完成しました。

 およそ11坪の敷地、建ぺい率60%で建築面積が約6.7坪という超狭小住宅。延床面積は約19.1坪。

 周囲を建物に囲まれているため、一般的には家の中に自然光を確保するのが難しいと考えてしまいます。そこで、建築家の出したアイデアは、およそ畳2帖分の大きなトップライトを設置すること。

 この大きなトップライトで取り込んだ光を1階まで届けられるようになっています。建物に入ってみると狭小住宅とは思えない程の空間が広がっており、ここに、ご夫婦とお子さん2人の4人家族が暮らします。

 建築家と建てた「狭小住宅」を体感してみたい方はもちろん、建築家が設計した住まいを実際に体感してみたい方も、ぜひご参加ください。

灘の狭小住宅 建築概要
敷地面積/37.0m2(約11.1坪)
建築面積/22.1m2(約6.7坪)
延床面積/63.4m2(約19.1坪)
設計/建築家 室 喜夫
施工/株式会社ウッドワン関西

室 喜夫(むろ よしお)
 



原田 稔泰 (はらだ としやす)

PAGE TOP