WORKS 施工例

淀川の狭小店舗併用住宅(食品)・大阪 (建築面積 約9.0坪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
img-oku01.jpg
img-oku02.jpg
img-oku03.jpg
img-oku04.jpg
img-oku05.jpg
img-oku06.jpg
img-oku07.jpg
img-oku08.jpg
img-oku09.jpg
img-oku10.jpg
img-oku11.jpg
img-oku12.jpg
img-oku13.jpg
img-oku14.jpg
>

Description 建築概要

工法 木造 地上3階建て
敷地面積 44.3m² (約13.4坪)
建築面積 29.8m² (約9.0坪)
延床面積 85.2m² (約25.7坪)
施工 株式会社 ウッドワン関西
撮影 笹倉洋平

 

Architect 建築家

藤原 誠司(フジハラ セイジ)

事務所名 / 一級建築士事務所 フジハラアーキテクツ
生年月日 /1969年06月27日
出身地  / 島根県出身

VALOIR (ヴァルワール/チョコレート店)
MBS 住人十色「建坪9坪に2人と3匹 ショコラティエの店舗兼住宅」(2014年2月1日放送)
日経住宅サーチ 住むならデザイナーズ「愛猫も満足、敷地13坪の店舗併用」(2014年9月掲載)



この住まいについて

製菓メーカーに勤める『ショコラティエ』の建築主が独立を検討。1階にチョコレートショップのある店舗併用住宅を建てたいとのご相談から、計画はスタートしました。

要望は
●1階のショップはチョコレートの製造を行う厨房と食材等の保管場所にしたい
●イートインではないので販売はカウンタースペースのみで良い
●居住部分は明るく、LDKはスタイリッシュな空間
●愛猫3匹とストレスのない共生生活ができる工夫がほしい  など。

住宅密集地にあるため、1階と2階へ太陽光を届ける為、中庭を配置。3階に配置されたLDKは白で統一されたシンプルでスタイリッシュな空間に仕上がっています。 愛猫のため、梁を利用したキャットウォーク、壁にはキャットステップが配置されています。
建築面積約9.0坪ですが、全ての機能をコンパクトにまとめ、使い勝手・住み心地の良い3階建ての狭小店舗併用住宅となりました。

【インタビュー】自宅1階にチョコレートショップをオープンさせたOさんの記事を公開しました!

PAGE TOP