WORKS 施工例

西岡本の家・神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加
D-057-01
kano-01_sp
D-046-01
kano-002
D-054-01
D-064-01
kano-010
kano-005
>

Description 建築概要

工法 鉄筋コンクリート造
規模 地上3階、地下1階
敷地面積 335.6m² (約101.5坪)
建築面積 165.2m² (約49.9坪)
延床面積 348.2m² (約105.3坪)
設計 建築家 田中一郎
施工 株式会社 ホームスターナ
撮影 平野和司

Architect 建築家

田中 一郎(タナカ イチロヲ)

事務所名 / 田中一郎建築事務所
生年月日 /1969年02月09日
出身地  / 兵庫県出身

来る人来る人が驚くような華やかな住まいを

とにかく華やかな家がほしかったですね。来る人来る人、みんなが驚くような...」。

神戸市・東灘区西岡本の閑静な住宅街にたたずむK邸は、3階部分の全面ガラス張りがひときわ目を引くスタイリッシュな住宅です。建て主のK様は、構想から3年という長い時間をかけ、建築家との住まいづくりを実現されました。

設計を担当したのは、新進気鋭の若手建築家・田中いちろう氏。K様のご要望を元に、田中氏は入念に設計プランを練りこんでいきました。

「K様のご要望はたいへんユニークなものでした。間取りや素材を含め、ありきたりではない家をつくってほしいとおっしゃったのです」。

面積以上の開放感を演出する設計プラン

「田中さんとは、よく打ち合わせをしました。とてもよく連絡を取ってくださって、いろいろとお話を聞くことができました」と住まいづくりを振り返られるK様。住まいづくりの最中には、施工会社も交え、プライベートでもお話しをされることがあったそうです。

「スケジュールは、田中さんもザウスも、段取りが良かったですね。いついつまでに、この部分の設計工程を持ってきますと言って、しっかり持ってきてくれました。プランも、毎回私が想像する以上のクオリティのものを提案してくれました。さすがだと思いましたね」。

多忙なK様のため、ザウスは一度の打ち合わせで何をどこまで決定するか、事前に建築家、施工会社と綿密に打ち合わせを重ねました。この細やかな調整が、K様にご満足をいただけたようです。

お住まいの中で、K様が特に気に入られているスペースが半地下に設けられたスタジオ兼ゲストルームです。このスタジオは、防音設計になっているほか、トイレ、収納、床暖房が完備され、ホームシアターまでついているという充実ぶり。

「ここで会社の仲間と一緒に、趣味のバンドを楽しんでいます。備え付けのホームシアターで、家族と映画鑑賞をするのも楽しみのひとつですね」とK様。

田中氏は、住まいのデザインはもちろん、こうした設備についても、一つ一つK様に提案し、住まいのデザインにぴったり合うものを取り入れました。

順調に行われた住まいづくりですが、じつは、問題もあったのです。
このお住まいの建つ神戸市・西岡本は、自治会規約が特別に厳しい地区。建物の高さ制限など、さまざまな制約がありました。当初は4層構造の建物を構想していたが、K邸もこの規約を受け、3層構造(地上2階建・地下1階建)の建物プランに変更を余儀なくされることに。

しかし、田中氏は、建築家ならではのたくみな設計プランで住まいに実際の面積以上の広がりをもたらしたのです。そのプランが、住宅をタテではなく、ヨコに広がりをもたせた空間にする発想でした。

LDK棟と寝室棟の二棟に分け、そのあいだに、中庭と二棟をつなぐ外階段を設けたのです。このレイアウトによって、中庭から日差しと風が取り込まれ、明るく開放的な空間が実現されました。

家族とのコミュニケーションを大切にした住宅

住まいには、自然と家族がコミュニケーションをはかれるような場も設けられています。

たとえば、バスルームもその一つ。だ円の形をしたバスタブは、直径約1.8メートルと広めに設計されました。「子どもといっしょに、この大きなお風呂に入ってスキンシップを楽しんでいます」とK様。もちろん、奥様やK様のお母様もゆったりとバスタイムを楽しめる、お気に入りの空間となっています。

また、3階ガラス張りの広いリビング・ダイニングもさることながら、その奥に設けられた六畳の和室も大切な空間です。

「リビングもいいですが、この和室も気に入っています。とても落ち着けますし、家族や愛犬といっしょにコミュニケーションを図る場として使っています」。

家族のアイドルである愛犬にとっても快適な住まいです。田中氏は、この愛犬のため、住まいの随所に工夫をこらしました。

1階の中庭から2階、3階へと続くスロープは、愛犬が散歩がわりに楽しめるジグザグ状のゆるやかな斜面としました。3階のLDK棟と寝室棟をつなぐ外階段も、愛犬がこわがらずに渡れる角度に設計されました。また、リビングのフローリングも、すべって転んでしまわないような材質の床材が使われています。

「いろいろと配慮していただきました。田中さんは、犬も家族の一員として、ちゃんと考えてくださいましたね」。建築家ならではの細かな気配りに、K様も大満足のご様子です。

快適な住まいづくりを実現するために

「おしゃれ、かっこいい」と誰もが思わず声をあげてしまいそうな、華やかなお住まいとなったK邸。

「機能面にも、もっとこだわれば良かったと思います。これから住まいづくりをされる方は、建築家やザウスのプロデューサーにどんどん頼ってほしいですね。なんといっても、暮らしやすいのが一番ですから」。

また、ザウスのサポートについてもご評価をいただきました。 「ザウスのプロデューサーには、性格面でもデザイン面でも、私にぴったり合う素晴らしい建築家を選んでいただきました。また、良いものを作ろうという気持ちを、みんなが持てる雰囲気づくりをしてくれましたね。おかげで、完成するまで楽しむことができました」。

満ち足りた空間で、K様は建築家との住まいづくりをゆっくりと振り返られます。

PAGE TOP