河南町のスタジオがある家

2012年07月29日

河南町のスタジオがある家 - 防音室

こんにちは、です。暑い日が続きますね。

こんな暑い日も当然現場は進んでいきます。

さて今日の現場は、フルバンド演奏のための防音室をつくる、「河南町のスタジオがある家」。

防音のグレードは様々ですが、今回はバンド演奏を前提としていて、ギターはもちろん、ベース、ドラムもあります。

防音の専門業者さん曰く、「ドラムが一番厄介なんですよねー」。ピアノの防音なんかと比べても、はるかに気を使うそうです。

なんでも、ドラムは音だけじゃなく、振動音が激しく、防音工事としては、もっともグレードが高いものになるそうです。

なんせ、ドラムの音は飛行機の騒音とほぼ同等ということですから、想像できますよね。

防音工事は非常に難しく、本格的なものを望まれる方は、専門業者さんを入れることをお勧めします。

エアコンや換気扇の設置。照明器具の取り付け、振動を防ぐための基礎工事等、プロならではの考えがあります。

音楽室やシアタールーム等、ご検討の方はぜひ、ご相談下さい。

 

眺望と音楽を楽しむための「河南町のスタジオのある家」(※河南町の家として掲載)はこちらからご覧いただけます。

眺望を楽しむ家の施工例はこちらから