ニュース

2019年02月03日

『 鬼は外、福は内 』

写真.jpeg

そう、2月3日は節分です。

節分と言えば、豆をまいてお家の中の厄(鬼)を外に追い出し、お家に福を呼び込む日本古来の儀式とぐらいでしか思いつかず...調べてみることに。

節分とは各季節の変わり目となる日の前日を指し、「季節を分ける」という意味。

本来、立春・立夏・立秋・立冬 全ての前日に節分があるのですが、2月3日の立春前日だけが節分として呼び行事が定着したのは、立春が冬から春になるという大きな季節の変わり目である。またかつて使われていた太陰太陽暦では立春が新年の始まりであり節分はいわば大晦日。この大晦日に悪いものを祓い、新年の幸福を祈る風習が現在の「節分」という呼ばれ方の定義や行事の由来となっているそうです。

▪ 豆まき

もともとは中国からの風習、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式。また大豆をわざわざ炒るのにも「鬼を射る」ていう意味が込められいます。

▪ 恵方巻き       

起源は諸説あるそうですが、無病息災や商売繁盛を願って運を一気にいただくという意味があり、大阪の習慣で食べられた丸かぶり(太巻き)寿司と呼ばれていました。現在の恵方巻きは、平成10年に大手コンビニエンスストアが販売する際、恵方巻きという名前で販売したことで全国へ広まった。

因みに2019年の恵方は【東北東】です。

調べてみると、なんとなく思っていた通りやそうだったんだ。また企業の戦略がここでも・・・(笑)といろいろ分かりました。ですが、文化・風習ももちろん大切ですが、意味を知って自分なりにどう行事を楽しむかも大事。  

ということで、、、

写真柊.jpeg

私は毎年クリスマス用に使用していた柊をリメイクするのですが、今年の柊の状態が...

気を取り直し縁起の良い木、南天をメインにスワッグにし南西の壁に飾り1年充実することを祈っています。

 

花々や植物を束ねるだけで簡単に作れちゃうスワッグなので、節分の行事にプラスしてみてください。

お子さまと♪  かわいい愛犬と♪ お散歩中に拾った枝葉で、ご家族の皆さまのオリジナルの節分を是非楽しんでください。

 

節分後の次週は、ザウス初出展となる大阪オートメッセ2019です!!!

お越しになられた際は、ザウスのブースまで足を延ばしていただけますと嬉しく思います。

5号館にてスタッフ一同お待ちしております。 どうぞ宜しくお願いいたします。

(吉住)

2019年01月20日

王寺のバイクガレージハウス(雑誌掲載)

IMG_7120.JPG

2019年1月12日発売の雑誌「CLUB HARLEY」(発行/㈱枻出版社)に、

「王寺のガレージハウス・奈良」が紹介されています。

 

IMG_7119.JPG

P.040、041「見た目もスマートなビルトインガレージがほしかった」

~ 3台のハーレーを所有するオーナーが、

それぞれを快適に出し入れできるようにと工夫を凝らし、

スマートなビルトインガレージが完成した。~誌面より抜粋

 

他にもハーレーダビットソンオーナーのガレージハウス実例が掲載されていますので、

バイクのガレージハウスをご検討中の方はぜひご覧ください。

 

掲載されている 「王寺のガレージハウス・奈良」 はこちらからご覧いただけます。

 

 

(原田)

2019年01月19日

大阪オートメッセ2019に出展します

2月9日(土)・10日(日)・11日(月祝) の3日間、

南港・インテックス大阪にて開催されます

カスタムカーの祭典「大阪オートメッセ2019」に出展いたします。
 

IMG_7116.JPG

 
これまで「大阪モーターショー」や「大阪モーターサイクルショー」には

何度となく出展しておりましたが、オートメッセは今回が初出展となります。

 

大切な愛車をただ停め置くだけでなく、

安全に状態良く保管し、快適な環境で気軽に整備ができ、

常にその存在を意識できるような、クルマやバイク好きな方にはたまらないガレージ。

弊社がこれまで手掛けたそんな "ガレージハウス" の事例紹介をいたします。

 

IMG_3638(1).jpg

これは以前に「大阪モーターサイクルショー」に出展した際の展示ブースです。

 

5号館の端っこ(正面ゲート側)にてスタンバイしておりますので、

ご来場の際には是非!ザウスのブースにも足をお運びください。

同じ5号館には「TOYOTA GAZOO Racing」や「フォルクスワーゲン」が出展されています。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

~ 施主の皆さまへ ~

ご来場予定であれば、各担当スタッフにご一報ください。

数に限りはありますが、招待券の用意があります。

 

 

(原田)

2019年01月12日

謹賀新年

イノシシ1.jpg

新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

 

2000年の創業からはじまったザウスもお陰様で19年目に!!

初心を忘れずより一層 「理想の住まいをカタチに」

1点ものの住まいづくりのプロデュースに摯実に取り組みます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

ザウスも6日より本格始動しております。

ご相談会も随時受け付けておりますので、お気軽にご予約下さい。

スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 

今週は、ご家族の中で成人式を迎える方もいらっしゃるかと思います。

おめでとうございます。

華やかな三連休をお過ごしくださいませ。

 

 

(吉住)

2019年01月12日

【売物件情報】六甲の狭小住宅・神戸

131a4ed02375f7c697886010f15bfc2ddb16ea5d.jpg

弊社ザウスの「六甲ショールーム」としてご案内をしています、

六甲の狭小住宅・神戸」。

ご存知の方もいらっしゃいますが、実はこの家、

弊社スタッフ・原田の自宅、そう、私の自宅です。

 

001.jpg

建築家・フジハラアーキテクツの藤原誠司氏に設計監理を依頼し、

せっかく建築家と建てた "見れる事例" があるのだからと、

自宅でありながら弊社ザウスのショールームとして、

お問合せやご要望のあった方にご覧いただいております。

 

5.jpg

敷地面積39.36㎡(11.9坪)という土地において建蔽率が60%。

建築面積が【7.1坪】という超狭小住宅ですが、

そこはさすが!建築家の腕の見せどころ。

数字では測れない、とても開放的で豊かな空間を実現してもらいました。

 

リビング(夜).jpg

 

 

それがこの度、住み替えをする為に売りに出すことにいたしました。

・兵庫県神戸市灘区神前町

・重量鉄骨造3階建て 2LDK+駐車場

・2010年3月築(築約9年)

・阪急神戸本線「六甲」駅から徒歩5分

・JR神戸線「六甲道」駅から徒歩6分

・阪神本線「新在家」駅から徒歩15分

  

近日中に一般向けに売り情報を広く公開する予定ではありますが、

そこは "住宅プロデューサー" としての威信をかけ、こだわって建てた我が自宅。

願わくば「建築家との家づくり」に理解のある方に継いでいただきたいという

生みの親の心境です。

 

家へのこだわりは好みがありますが、非常に便利な立地です。

学校区も割と良いそうです。

 

ご興味を持っていただける方はお気軽にお問い合わせください。

詳細の物件情報をご案内させていただきます。

 

そして2軒目となる次の家もご期待ください。

たぶん、またショールームになると思います(笑。

 

 

(原田)

2018年04月23日

住宅プロデューサーのとある週末

朝、始業30分前の 9:30 に事務所へ出勤。

この土日に神戸市北区にて開催予定の完成見学会の準備や

メール応対などの諸業務を行い、

お昼前に外出。

 

そう、お引渡しをしてから既に10年目~3年目を迎える

施主さん達の集まりにお呼ばれをしまして、

業務を放置して?業務として?向かいます。

 

その前に手土産を仕入れに「VALOIR」(淀川の狭小店舗併用住宅・大阪)へ

od22_21A3826.jpg

※画像は竣工写真撮影時のもの。(撮影/笹の倉舎 笹倉洋平

 

続きはこちら >>
2018年02月09日

船岡山清水

先日、平成30年2月3日(土)の節分の日にザウスで土地探しからプロデュースをさせて頂きました、店舗併用住宅の日本料理店がオープンしました。

お店の屋号は『船岡山清水』店主でもあり、ザウスのお施主様でもあります清水様は19歳の頃から日本料理の修行をされており、念願叶い京都の紫野船岡の地にて堂々お店をオープンされました。

お店のデザインは、京都の建築家矢部直輝さんです。ザウスでも店舗併用のみならず、たくさんのお施主様がおられます。船岡山のふもとに位置するお店なので、洞窟での食事をイメージされてデザインされたそうです。

aea7c008450c1fab996cc83119bb17c50d968515.JPG

↑こちらは一番最初のデザイン案です。

IMG_4888.JPG

実際のお店はこんな感じになりました。

お料理も頂いてきました。

b7318cd29b7d709aa658e2d6ab04d9f554429779.jpg 

*つまみ湯葉と焼雲子に白味噌のよしの

白味噌に柚子の香りがとても合い焼雲子もふわふわでふんわりと湯葉に包まれて絶品でした。

img-shz_cook02.jpg

*海鼠とクレソンの酢の物

私は海鼠酢が大好きでして、美味しいのは間違いないのですが、個人的に驚いたのはクレソンが合うことがびっくりでした。お酒進みますよ(笑)

img-shz_cook04.jpg

鰤と雲丹のお造り

雲丹の横にある茶色のものは、清水様が手作りされた藻塩!

濃縮されたお塩ですごく深い味なのですが、これだけ売ってほしいくらい美味しかったです。

img-shz_cook03.jpg

白魚の玉締めと鮑とかぶらのすり流し

まず、蓋を開けた時に見える器の綺麗さにうっとり。こちらも柚子の香りがふわと香りかぶらのすり流しなのであっさりしているのですが、白魚の塩分とマッチしお上品な味になってました。

img-shz_cook05.jpg

炭火で焼いた甘鯛

炭火で焼いた甘鯛はとても甘くジューシーで、じゃばらみかん(これは花粉症に効くそうです)を絞るとさらに甘さが引き立ちました。添えてあるのは山葵菜だそうで、ピリリと辛く甘い口を直すのにぴったりでした!!みなさん口の中が忙しいと言われてました(笑)贅沢な悩みですよね^^

2e0f07bb636ff489022edd4f12fdbda4bd8cec35.jpg

丸大根と金時人参と菜の花の炊き合わせ

こんなきれいな大根見たことないです。スっとお箸が通り、とても柔らかくお出汁が効いているのですが素材の味を邪魔せず、とても美味しい炊き合わせでした。

img-shz_cook07.jpg

大豆ごはん

節分に近い日ということもあり、大豆ご飯を頂きました。こちら食べたことありませんでしたが、お米の粒もしっかり立っており、煎り大豆と炊き込んだそうです。香ばしさが口の中ではじけて一気に好きなご飯にランクイン!!

img-shz_cook08.jpgimg-shz_cook09.jpgimg-shz_cook10.jpg

最後にデザート、みかんと苺に甘めのゼリーがかかっており旬のものは美味しいです。

わらびもちと立ててくださったお抹茶でフィニッシュです。

全てのお料理に、清水さんのお気持ちが感じることができました。皆で大変おいしくいただきました。

お忙しい中、お時間割いていただきありがとうございました。ザウス一同、船岡山清水様の今後のご健勝お祈りいたしております。

長々とつたない食レポにお付き合いいただき、ありがとうございます。

日本料理船岡山清水

ザウスニュース

2017年11月17日

雑誌掲載

寒くなってきました。

もう11月も中旬ですね。

11月には、ザウスで建てられたお施主様にご協力いただき、2冊の雑誌に掲載されました。

『GENROQ』と『ガレージのある家』の2冊です。

お施主様にも雑誌取材の協力をお願いしております。

いつも、快くお受けくださいまして誠にありがとうございます。

IMG_2825.JPG

『GENROQ』には、旧車2台の為のガレージハウスです。ガレージには2台分のシャッターに加えもう一方からもシャッターを設けており、バイクなども格納するのに便利なガレージとなっております。

『ガレージのある家』には、2軒のお家をご紹介。

1軒目は、将来ライダースカフェのお考えの店舗併用ガレージハウスになっております。ご夫婦共にバイクが趣味でツーリングなどにも行かれているそうです。

2軒目は、細長い土地に建てられた3階建てのガレージハウスです。土地に高低差があったので、スキップフロアを利用して階段からガレージがのぞける仕組みになっています。

本屋さんに行かれた際は是非ご覧ください。

IMG_2826.JPG

こちらは、最近発売になりました、建築家の先生からのご紹介でザウス奈良店が掲載されております。

『I'm home』という雑誌です。表紙に選ばれておりました。

掲載されたお家は、店舗併用住宅です。ザウス奈良店としてお借りさせて頂いているお家になります。私も読ませて頂きました。

ご予約制とさせて頂いておりますが、奈良県での弊社へご相談会の際は、1階部分が見学できます。

ガレージハスや店舗併用住宅などの相談会のご予約お待ちいたしております。

2016年04月23日

ザウスのガレージハウスが雑誌 「ガレージのある家 vol.36」 に掲載されています。

 

西岡本のガレージハウス・神戸」 が、現在発売中の雑誌 「ガレージのある家 vol.36」 (発行:株式会社ネコ・パブリッシング)に掲載されています。

9a5b9463e0eeaf91ab42f77b9471c138048a10e7.jpg

 

計算された"閉じ開き"、暮らすほどに実感できる細やかな工夫。 (「ガレージのある家 vol.36」より)

 

西岡本のガレージハウス」 は、神戸の山手にある閑静な住宅地に建つガレージハウスです。

人や車が通る道路面に窓は設けていないため外から見ると閉じた印象ですが、一歩家の中に入ると、愛車とともに暮らす温かみのある空間が広がっています。 

 

今回は、住まいが完成するまでの経緯や建築主のT様がこだわられたポイント、設計を手がけた建築家 矢部直輝さんの想いなどを取材していただきました。

建物を様々な角度から切り取った写真とともにご覧いただけるので、どのような住まいにしたいのか、具体的に考える際のご参考にしていただけるのではないでしょうか。

 

42982dad654c91845cfa66d2c713800166f53c2d.jpg

写真:「ガレージのある家 vol.36」 表紙

 

 

ゆったりと仕切られた空間で、庭の自然を楽しみながら暮らすガレージハウス。

生活動線にとことんこだわり、家族みんなが心地よく暮らせる住まいとなっています。

 

詳細につきましては、ぜひ、書店等でお手に取ってご覧ください。

 

 

(亀井)

2016年02月08日

ウェブサイトにて新たなコンテンツを始めました!

img-160207_blog02.jpg 

 

ガレージハウスをお考えの皆様。 

既にガレージハウスを建てた人たちは、打ち合わせの時にどんな要望を伝えたのか?

現在はどんなガレージライフを送っているのか?

と、思われたことはありませんか?

 

自分たち以外の人がどんな家づくりをしているのか、気になりますよね。

 

ザウスは、このたびウェブサイトにて新たなコンテンツを始めました。

題して... こだわりのガレージハウスの建て方  です。

 

ザウスは今までに数多くのガレージハウスを手掛けており、ありがたいことに、クルマやバイク関連の雑誌に取り上げていただく機会も多くございます。

そこではガレージハウスを建てた経緯やこだわりのポイント、建築家からのコメント、プロデューサーからのコメントなどを詳しく取材していただいています。

 

そこで、今までに取材していただいた内容をホームページにてご紹介し、これから家づくりを予定している方のご参考にしていただきたい、と考えました。

 

img-160207_blog01.jpg

 

各ページはこのようになっており、写真とその説明や建築概要などの情報も掲載しています。

 

ぜひ、ご覧になってみてください。

皆さまのガレージハウスを建てるためのヒントになれば幸いです。

 

ページは随時更新してまいりますので、お楽しみに!

 

 

(亀井)