2016年09月25日

タイルの聖地

先日、愛知県に出張した際、少し足を延ばして岐阜県多治見市に行ってきました。

県はまたがるものの、車で30分もかからない距離感。

多治見市は日本最大のタイル生産を誇ります。

今年ここに『モザイクタイル・ミュージアム』が誕生しました。

IMG_5718.JPG

設計は藤森照信さん。

一風変わったこの外観・・・。

タイルミュージアムなのにタイル使ってない・・・。

そんな建築主の声が聞こえてきそうですが、この形はタイル原料の採掘地をイメージしているそうです。館内係員の方におしえてもらいました。採掘現場の写真を見ると、確かにこんな感じです。

IMG_5745.JPG

申し訳程度にタイルの破片が壁に埋め込まれています(笑)

藤森建築の人気は高く、想定入場者数をはるかに超える来場者だそう。

この日も平日に関わらず、老若男女、たくさんの人で賑わっていました。

係員の方によると、タイルを取り巻く環境は厳しいものがあります。

これまでも『ユニットバスの普及』、『外壁サイディングの普及』、『バブル崩壊』、『外壁にタイルを貼った際の剥落試験義務化』などでタイルの需要が大きく減ったんだそうです。

最後の『剥落試験の義務化』とは、マンションなどで外壁にタイルを使用した際、一定の高さ以上に貼ったタイルについて10年ごとに『打診による試験』を行い剥落の恐れがないかチェックするものです。

平成20年に義務化されたのですが、それ以降外壁にタイルが使用されることが激減しました。

タイル生産の窯元も同様に減少の一途をたどっています。

ザウスでもLDKや外壁などでもタイルをよく使用していますが、ほとんどがイタリア産や中国産で国産のものは非常に少ない。

これを機に国産タイルにも目を向けてみようと思いました。

2016年09月24日

アメリカンガレージ

つい先日、愛知県に出張してきました。

JR名古屋駅に降り立ち、大阪駅と比べて何か雰囲気が違うと感じました。

もちろん名古屋と大阪で違いがあるのは当然ですが、何より違うのが外国人観光客が少ない!ことに気づきました。

今や大阪駅や難波駅では、場所によっては日本人の方が少ないことも時々あります。

それに比べ、名古屋は本当に日本人が多い(笑)。

さて、愛知県に行ったのは新しい仕事を始めるためです。

『アメリカンスチールスパン』という、折板のガルバリウム鋼板を組み合わせるガレージや倉庫の販売を始めることになりました。

ザウスでは数多くのガレージハウスを手掛けさせて頂いているためか、『ガレージだけ建てたい』というご相談が増えています。そういいた方向けの、少し武骨なガレージのご提案です。

02ea036d819588becb7c19c9ec91aff26940c8f4.JPG

このようなアーチ状のガルバをつなげていきます。詳細は下記ホームページをご覧ください。

http://garageone-inc.com/

2016年09月18日

大磯の狭小住宅 - 約17坪の狭小地 -

こんにちは、ザウス東京店の田村です


ついに9月も後半ですね

先日、今年初めての梨を食べました
秋の味覚がおいしいシーズンですね

食べ過ぎには注意ですね~(笑)


さて、本日は大磯で施工中の現場を紹介です

海風を感じられる趣のある街並みの一角にあります

cb6745fe3e2508a985d5c99905203b815e2f8f6a.JPG60170c20829c4d7c47678c0d16a9f1f936c2e962.JPG

上棟後の様子です


敷地は17.43坪(57.65㎡)
三角の形をした狭小角地

隣接するお寺さんの緑を借景として
取り入れるよう窓を配置しています


建築家は早川慶太さん


初冬に竣工予定です
完成が楽しみです!!

(田村)

2016年09月17日

祝上棟! - 東大阪のガレージハウス2 -

こんにちは、9月も中ごろになり日々過ごしやすくなってまいりました。

大阪店の牧です。私は、最近風邪気味でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、現在東大阪で進行中のガレージハウスが、昨日無事に上棟致しました。

上棟前の足場組みの最中がこちら。↓

IMG_6515.JPG

上棟直前、屋根かけ前の状態がこちら。↓

IMG_6535.JPG

棟梁の手が空いた時間に四方固めの儀を。お施主様と棟梁がお清めをしています。

IMG_6547.JPG

屋根もかかり、上棟です。上棟おめでとうございます。

これからも、竣工まで宜しくお願い致します。

2016年09月12日

ハリポタ?ジブリ?

ザウスでは土地探しのサポートをさせて頂いております。

先日も、お客様と一緒に土地を見に行っていたのですが、そこで驚きの建物を発見!

4a05bb7bb7d8010f9e366088ef641325e4bc7847.JPG

なかなかのインパクトですよね?

住宅ではなく医院のようでした。

USJに迷い込んだような・・・。

杖をふったら火がともりそうな・・・。

街のランドマークになっていました。

2016年09月10日

またベールが・・・

先日、少しお見せした『堺のガレージハウス』の外観。

また行く機会があったので写真におさめてきました。

IMG_7858.JPG

ちょっと逆光ですのでわかりにくいのですが、アールの壁に白塗装。

奥の上部、直面部はコンクリート杉型枠打ち放し。

IMG_7860.JPG

見返しです。順光なのでわかりやすいですね。この建物は3方角地に建っていますが、見る角度によって表情が全然違うのが魅力です。

IMG_7856.JPG

この角度だと円形の建物に見えます。

ほんとに型枠工事の職人さんが苦労されていたので、感慨深いものがあります。

白の壁に黒のサッシが入ることで、ぴっと引き締まった感じがしますね。シルバーのサッシが入っていたら、また違った表情になったでしょうね。個人的には黒で正解だったなと思っています。

外部のできあがり具合に比べ、内部はまだまだ時間がかかります。

これから内部の仕上げと外構工事や造園工事が待っています。

また随時、ご報告いたします。

完成したコンクリート打放し造のクルマとバイクの「堺のガレージハウス・大阪」はこちらからご覧いただけます。

木造・鉄骨造・コンクリート造・混構造のガレージハウス施工例はこちらから

2016年09月06日

大規模建築物

以前にも紹介させていただいた、オフィス・工場の現場が完成に近づいています。

IMG_7847.JPG

あいかわらずスケール感がくるってしまいます。

IMG_7851.JPG

なかなか普段は体験できないスケールですので、新鮮です。

IMG_7850.JPG

今回のガルバリウム鋼板の折板屋根は50メートルほどの長さがあります。

屋根に使用する板金材料は、通常「一枚物」で施工します。漏水のことを考えると「一枚物」が望ましい。

ただ、10メートルを超えてくると搬入の問題が生じます。トレーラーが現場前にたどり着けるか?そして大きなトレーラーが乗りつけできると言っても20メートル超えになると物理的に難しい・・・

そういった場合、ガルバリウム鋼板をロール(ガムテープを大きくしたような形)で搬入し、現場で成型加工する方法があります。

平板のガルバリウムをロール機に通すと、上記写真のような折板屋根ができあがります。この方法だと100メートル超えの屋根も可能です。

ただし、こちらも敷地に余裕があり、ロール機から流れ出てくる数十メートルのガルバ分の奥行きが必要です。

これまで現場加工の屋根は見たことがなかったので、また新しい発見でした。

2016年09月05日

少し姿が・・・

たびたびご紹介している『堺のガレージハウス』。

先日も現場に行ってきたのですが、外壁の塗装がされていて、少しだけ姿が見えてきました。

杉型枠のコンクリート打ち放しと白塗装のコンビネーション。

IMG_7840.JPG

足場シートが取れているだけで、テンションアップ!

ガラス部分が緑色がかってみえるのはLOW-Eガラスを使用しているためです。

1枚だけならわかりづらいのですが、重ねて見るとはっきりわかります(サッシがL型になっています)。

全体の足場がばれたときには、堂々たる姿をみせてくれることでしょう!

楽しみです。

完成したコンクリート打放し造のクルマとバイクの「堺のガレージハウス・大阪」はこちらからご覧いただけます。

木造・鉄骨造・コンクリート造・混構造のガレージハウス施工例はこちらから

2016年09月03日

建物探訪 in 福井&滋賀③

ようやく朝晩に秋の気配を感じられるようになりましたが、日中はまだまだ暑いですね。

最近スポーツジムに通い始め、ジムに行かない日は家の近くの公園を走っているのですが、夜はとても涼しく快適です。

職人さんの仕事中はまだまだ大変だと思いますが、もう少しの辛抱。頑張ってください!

少し間があきましたが、建物探訪の続きを・・・。

少し変わった建物をご紹介。

IMG_5538.JPG

遠藤秀平さん設計の『Cycle station 米原』

遠藤さんお得意のコルゲート鋼板を使用したシリーズ。少し斜めになったらせん階段が面白い。

近くには同じく遠藤さん設計の幼稚園もあります。

IMG_5547.JPG

多面体の屋根と壁が連続するインパクト大の幼稚園。

このご時世、幼稚園や小学校を撮影していると、とても怪しげに見られてしまうのですぐに退散します・・・

そして小休憩でこちら。

IMG_5554.JPG

元祖ゆるきゃら、ひこにゃん。

まさにゆるーい動きで癒されました。

そして最後の目的地へ。

IMG_5656.JPG

ラコリーナ近江八幡。

和菓子やバームクーヘンで有名なたねやグループの旗艦店。

設計は本ブログでたびたび取り上げている藤森照信さん。

草屋根や塗り壁、銅板葺の屋根などなど、藤森ワールド全開。

IMG_5574.JPG

IMG_5603.JPG

IMG_5616.JPG

ついつい仕事柄、予算のことばかりが頭に浮かびます。

塗り壁、木製サッシ、土間仕上げ、どれをとっても手間がかかる仕上げです。

自然と減額案を考えてしまうのがなんとも無粋で、我ながらいやになります(笑)

ラコリーナは建物を見るのが主目的ではありましたが、一緒に行った娘もうれしそうに走り回っていましたし、老若男女みな笑顔になっていました。

IMG_5606.JPG

少し遠いですが、ここでしか食べられない限定スイーツなどもあり、行く価値ありですよ。

2016年09月02日

ザウス会'16夏

こんにちは、大阪店の牧です。

先日、8月の終わりに毎年恒例のザウス会'16BBQが開催されました^^

ザウス会というのは、ザウスで家を建てて頂いた方々に日々の感謝をこめてザウス主催で行うお施主様とご家族、ザウスの交流の場です。

今回は、京都の南丹市に位置するスプリング日吉という施設で開催させていただきました。ここはなんと手ぶらでBBQができて、火おこしや準備、片付けもしてくれちゃいます!

IMG_6401.JPG

集合時間頃に雨が降っておりましたが、すぐ止んでくれて暑すぎず良い天候の中開催できました。

IMG_6409.JPG

ワイワイと、子供も大人もスイカ割に夢中ですね☆彡

IMG_6410.JPG

こちらでは、お施主様同士の話に花が咲いているみたいです^^情報交換の場ですね!弊社のスタッフも1名混ざっております(笑)

IMG_6399.JPG

こちらでは、子供同士も打ち解けて『だるまさんがころんだ~!』

とても楽しい1日となりました!ご参加いただきましたみなさん、大変お疲れ様でございました。足元の悪い中お越しいただきありがとうございました!

最後に、併設しているお風呂に向かう途中日吉ダムをバックに、弊社のスタッフです(*^_^)

IMG_6358.JPG

今後とも、ザウスを宜しくお願い申し上げます。