2020年08月30日

有馬のガレージハウス 上棟

アプローチの岩掘削工事から数ヶ月、

建築工事には事前に予測できない事が色々とありますね。

施主さまのご理解のお陰で、また、関係者各位の皆様のご協力のもとで万事解決、

ついに見事な上棟を迎えることができました。

 

IMG_1026.JPG

周囲の環境もあいまって、とても存在感のある建物です。

骨組みだけでも、迫力のあるガレージハウスであることが分かります。

写真では分かり難いですが、岩削り出しの荒々しいアプローチも

風雨に晒されて良い感じになっていました。

 

41e53b5a173076d96be05171b9514f4d8046b404.JPG

2台の車を格納するガレージの大開口を支え、

更にガレージロフト空間を確保し、

大屋根を支える骨組みが少々特殊なのが見てとれます。

これらのほとんどが完成時には天井の中に隠れてしまうので、

当然、今しか見ることができません。

 

IMG_1017.JPG

ガレージと中庭を通じて繋がるリビング空間。

横顔も夏空に映えるイケメンな建物です!

 
 

ブログでは「有馬のガレージハウス」ばかりを取り上げていますが、

・兵庫/岡本のガレージハウス(車4台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車1台とバイク1台格納)
・京都/木津川のガレージハウス(車2台とバイク2台格納)
・奈良/生駒のガレージハウス(車1台格納)
・奈良/生駒のガレージハウス(車2台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車4台格納)
・大阪/門真のガレージハウス(バイク4台格納)
・滋賀/大津のガレージハウス(車1台、バイク2台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車1台格納)

これだけのガレージハウスが現在絶賛工事中です。

もちろん、ガレージハウスではない物件もいくつかあります。

もう少し頻繁に紹介していけるようにしなければなりません。。

 

 

(原田)

2020年07月07日

便利アイテム

雨の日も多く
この時期の悩みの1つ 「室内干し」  
幅広の物干しハンガーで浴室乾燥の掛けれる量以上になる洗濯物・・・

皆さまはどのようにされていますか。

 

間取り打合せ時に専用ランドリールームや広々インナーバルコニー
2階のホールを広めにと 計画できればですが

そんな...そんな、専用ランドリールームだなんて。。。

分かります!笑

  

 そこで  ↓  ↓  ↓

 

・ 物干しワイヤー : pid 4M
使いたい時にだけワイヤーを伸ばしパッと手軽に干せる。
壁付けの為、後から可能な壁に付けれます。
ただボックスはちょっと大きく...
壁にそのままですとポコッと出てしまいます。
あらかじめ場所を考えておくか、ニッチを作っておきすっぽり収めると 解決しちゃいます。
ワイヤーは4mまで 10kgまで可能です。

ef87f9fb62581e26534595d712afede881476327.JPG

 

・ ホスクリーン : NASTA airシリーズ
天井にスッキリ。使いたい時に片手でポールを差し込み
さらにポールもサイズSMLありジョイントもできるので高さを調整できるのも嬉しい。

IMG_E2231.JPG
2ヶ所付けてランドリーポール使用するのも。
1ヶ所でも洗面室にあれば移動せず洗濯機から出してすぐに干せ、普段のお洗濯時もラクチンですね。

IMG_E2228.JPG

 

・ アイアンハンガーパイプ : toolbox
インテリアの1つとして見せちゃいましょう!
と言わんばかりに存在感は出ちゃいますが、その分、普段から植物を飾ったり趣味用ラックとしても
いろいろ使えるので生活感は出ません。
天井・壁付けいろいろあるので採用する際は悩んじゃいますね。笑

IMG_E2233.JPG

 

間取りでは難しかったことでも、
経済的に、さらに生活スタイルに合わした
花粉の時期や今の梅雨の時期に大活躍してくれる、便利アイテムを加えるのもいいですよね!

 

間取りの自由度ももちろんですが、便利アイテムを使いやすくできるよう
設計打合せをしていくのも大事ですのでよければ参考にしてください。

( 吉住 )

2020年05月31日

有馬のガレージハウス アプローチ掘削

先日ご紹介いたしました「有馬のガレージハウス」。

あまり見慣れない岩盤掘削の現場風景に「その後どうなりました?」と

複数のお問合せをお受けしましたので、経過のご紹介をさせていただきます。

 

~Before~

IMG_2340.JPG

 

~After~

IMG_0776.JPG

IMG_0778.JPG

 

はい、クルマのアプローチがお目見えしました!

 

「こんな土地、クルマが入れられない!ありえない!」とお嘆きの皆さま。

簡単な話ではありませんが、このように力業で何とかなるケースもあります。

<道路との高低差>、<敷地内の段差>、<急斜面>、<古い擁壁>、、、

<不必要な堀込ガレージ>、<幅の狭い専用通路>、<全面道路幅の狭さ>、、、

これまでクリアしてきたハードルの数々。

 

そもそも、更地の土地だけを見て「この土地メッチャ良い!!」と

テンションの上がるような売物件はごく一部の希少物件です。

そしてそんな土地はメッチャ高いです(苦笑。

ただ単にお金を掛けて土木工事や宅地造成をするのではなく、

土地のデメリットを建築の工夫でメリットとして活かすことができれば、

お得に、そして面白い家ができると思いませんか?

 

IMG_0781.JPG

岩盤掘削工事の後、敷地内部から見たところです。

この状態での売土地であれば、より早く、より高額で売れましたのに。

良い土地を見つけるには 【想像力】 が必要です。

 

このアプローチと広々ゆとりのある敷地で実現する今回の計画。

この更地の土地だけを見て、既にテンション上がってます!!(笑。

 

 

(原田)

2020年05月30日

皆さまお元気でお過ごしですか。

 

やっと社会的制限も緩やかになり、穏やかな日常が戻りつつありますね!

ザウスは最大限の配慮をし通常営業を行っておりました。

お施主様より「STAY HOME期間」は家にいなくちゃならないからこそ
テラスやBIGバルコニーで朝ごはん。家のリビングにテントでお昼寝。
夜の暗さを楽しみランタンディナー。と キャンプ気分を家で満喫しておられたり

子供たちも一緒に家のメンテナンスを!と 8年使いこんだデッキテラスの塗り替えをされておられ
その2日後は盛大にBBQをされておられたり

ガレージ内で思う存分愛車を!と バイクのパーツをばらし組みたてグレードアップされておられたり

 

皆さまさまざまに、家をいままで以上に楽しめたというお言葉と共に
お写真やお元気な近況報告をしてくださりありがとうございます。

スタッフ一同嬉しく感じておりました!!

 

裏話のプラン計画中でこうしておけば良かった。。。

これから出来ますか。などご相談も・・・笑

 

まだまだ住み続ける家。

完成した時が最後ではなく、ご家族の成長と共に変化していける【生活】に関して

豊かさを感じ増やしていける家づくりを引き続きしていただきたいなと。

改めて...その為にザウスができることがもっともっとあるのだと!!!

 

 

ザウスの近況報告と言えば、

STAY HOME期間でもお陰さまで現場は順調にすすんでおり、大阪・奈良・奈良と

3件完成し無事お引渡しさせていただきました。

あとは毎年恒例のGWザウスバイク部のツーリングが開催できませんでした。残念、、、

いやいや今年の分含め楽しめる計画がたくさん来年は増えるはず!!

ということで、皆さま来年GWツーリングぜひご参加ください。

IMG_3245.JPG

 

早くみんなでどこでもツーリング行けますように ♪

 

IMG_3280.JPG

 * いつかの日の写真 ・・・ ご褒美にもありつけました!笑

 ( 吉住)

2020年04月23日

有馬のガレージハウス

有馬温泉は、兵庫県神戸市北区有馬町(摂津国)にある日本三古湯の温泉です。

林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、

江戸時代の温泉番付では当時の最高位である「西大関」に格付けされた、との事。

<ここまでwiki情報>

 

そんな歴史ある風光明媚な地域内にて、ガレージハウスの計画がスタートしています。

 

dd24aa1362cc99dd3689ae302b5a51085f5f8952.jpg

奥の重機は擁壁解体中、手前の重機は岩盤掘削中。

一見、戸建て住宅の建築現場には見えません(笑。

 

500㎡を超える、とてもゆとりのある敷地ですが、ガレージハウスとして快適に住む家を建てるには、いくつか大きな障壁がありました。

 

Q1)樹木が生い茂る放棄地なのですが。。。

A1)もちろん業者に処分を任せたら楽なのですが、コストが掛かります。施主さんが重機をレンタルし、建築工事が始まる前にご自身で<樹木の伐採・伐根・処分・整地>をこなすことで、百数十万のコスト削減を実現。もちろんそれができる方に限りますが。

 

Q2)道路から岩盤の丘を越えないと敷地に入れない。。。

A2)その分、土地代金が割安なので、岩盤掘削/土木工事に数百万掛けてもコスパが良い。岩盤掘削工事については建築を専門とする工務店に依頼をするのではなく、造成を得意とする土木業者さんに直接交渉をすることで、ここでも百数十万のコスト削減。

 

Q3)敷地に水道を引き込む経路に擁壁があるのですが。。。

A3)A2の土木業者さんに、岩盤掘削ついでに擁壁を割ってもらいましょう!

 

土地を購入する段階で、施主さんにここまでの理解をしてもらえたからこそ実現する計画です。

 

岩盤の丘を削り取り、荒々しい岩盤を両袖に敷地へのアプローチとする計画。

そこをコダワリの愛車が「ヴォンッッ!!」と進入してくる画が目に浮かびますね!

 

 

(原田)

2020年03月31日

生駒のガレージハウス3

生駒でガレージハウスのプロジェクトがスタートしております!

 

幾度となくじっくり打合せを重ね、

地鎮祭を迎え、基礎工事も経てまもなく4月上旬に 上棟を迎えます。

IMG_7480.jpg

654f05f51921c98d8430456bce4569da3a77fdb6.JPG

山本様邸:写真.jpeg

 

ガレージ内に、リビング以外にご友人の方々が集まれる楽しい空間がある計画です。

 

どのような空間ができあがるかは乞うご期待を。。。

 

 

(吉住)

2020年03月22日

ガレージのある家 vol.44(取材・撮影)

株式会社ネコ・パブリッシング社発行の雑誌「Garage Life」の特別編集誌として、

「ガレージのある家」という雑誌があります。

特別編集誌なので毎月発行されるものではなく、

ここ最近は4月と10月、半年に1号というペースで発行されています。

ガレージハウスに興味を持たれている方には周知された雑誌ですが、

大きい書店にしか置いていないこともあり、マニアックな雑誌の分類なのでしょうか?

 

そんな「ガレージのある家」の次号(vol.44)に掲載されるお宅の撮影に同行しました。

ネタバレ的な写真を少々チラ出ししてみます。
 

7f037c191dc5c07a2f40b5a547c0ec6e94f4a6e8.jpg

平屋に見えますが、2階建てです。

お引渡しが2013年ですので完成から6年以上が経ちますが、

白い外壁はキレイな状態を保っています。

クルマが2台、バイクが2台、自転車が2台、

納まる場所にそれぞれキッチリと納められています。

 

s-iwk-2065-1.jpg

そんなガレージの一部。

こんなスペースがあると、思う存分趣味の世界に没頭できます。

そして右の奥に見えるのが。。。雑誌の発売をお楽しみに!
 

s-iwk-2526-1.jpg

住宅街の一角にありますが、こんな外遊びができるスペースも。

家族が集うリビングとの繋がり方が気になりますよね?

 

「ガレージハウス」と言っても、様々なタイプの家があります。

 ・ショールームみたいに美しく眺めたい

 ・周囲に気兼ねなく整備したい

 ・安心、安全、快適に保管したい

 

ガレージハウスのオーナーが日々どのような暮らしを楽しんでいるのか、

実際に目にする機会はとても少ないので、この機会を逃さずチェックしてみてください。

また、4月11日(土)には、実際に目にすることができる「ガレージハウス見学会」も開催いたします。

宝塚のガレージハウス2 お宅訪問見学会

(※定員枠が残りわずかです。ご予約は先着順でご了承ください)

 

雑誌の発売も、見学会も、お楽しみに!

 

< 写真撮影 / アトリエK 平野和司 >

 

(原田)

2020年02月13日

いよいよやってきました!!

IMG_0944.JPG

明日、2月14日(金)~16日(日)の3日間インテックス大阪にて開催される

「大阪オートメッセ2020」に、ザウスが出展しております。

  

実際に使用した建築模型や、無料配布のパンフレットをご用意しております。

 

ご来場の際は、ぜひ ZAUS GARAGE HOUSE ブース【5号館:西側】にお立ち寄りください! 

お待ちしております。

IMG_0863.JPG

 * 写真:昨年2019大阪オートメッセです。

 

(吉住)

2020年01月09日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

IMG_E0700.JPG

 

お陰様でザウスは20周年を迎えることとなりました。

 

この20年を支えていただいた皆さまに 並びに これまで多くの方々の一点ものの住まいづくりに携わることができましたこと、心より感謝申し上げます。

 

これからも、心地のよい美しいデザインと楽しさを合わせ持ち

それぞれ住まわれる方々にとって活用価値を感じていただける

住まいづくりのプロデュースに務めて参ります。

 

今後とも末永く宜しくお願い申し上げます。

 

ザウスも 6日(月)より本格始動しております。
ご相談会も随時受け付けておりますので、お気軽にご予約くださいませ。

スタッフ一同お待ちしております。

(吉住)

2019年12月27日

令和元年もお世話になりました。

年の瀬もいよいよ迫り、この1年を振り返る機会も増えました。

お陰様で今年も様々なお客様と共に家づくりに携わることができ、

数年もの期間を経てようやくお引渡しが叶った計画、

ついに希望を満たす土地の購入ができた計画、

準備を終えて年明け早々に工事着工を迎える計画、

年を跨ぐことなく無事にお引渡しができた計画、

長い回り道を経てリスタートされる計画、

長年蓄積された想いをいよいよスタートされる計画、

それぞれに濃いー濃いー思い入れがあります。

そんな令和元年の営業も本日12月27日で終わります。

 

そんな師走の某日、とあるお宅で「ザウス友の会」の忘年会が催されました。

 

続きはこちら >>