葛城のガレージハウス

2017年09月11日

現場めぐり

工事中の現場によく行くのですが、ときどき現場が休みの日曜日に行きます。

職人さんがいないので邪魔にならないですし、ゆっくり見られるのがいいですね。

昨日は大阪狭山市と羽曳野市、葛城市の現場をまわってきました。

その中から大阪狭山市の現場をご報告。

IMG_0274.JPG

巨大なガラス面になる予定。ガラスはペアではなくシングルガラス。

サッシや方立はなく、ガラス突き付けのコーキングで仕上げます。

シングルガラスの方がペアガラスより大きく製作できますし、突き付けで仕上げられるため見た目に圧倒的な迫力がうまれます。

もちろん暑い、寒い、結露するといったデメリットがあるのですが、セカンドハウスで常時生活されるわけではありませんので、『デザイン重視』というお施主様のお言葉を頂き、採用することになりました。

IMG_0272.JPG

一面のガラスが入るのですが、端っこに庭へ出るためのサッシがつきます。

そのサッシ用の枠だけが取り付けられていました。とてもきれいです。

サッシや扉の枠などは細かいものですが、このおさまり一つで空間の印象が変わってきますので、実はとても重要なものなのです。

IMG_0279.JPG

そしていよいよ外壁と屋根のガルバリウム鋼板が貼り出されました。

一文字葺という貼り方。とても手のかかる貼り方なのですが、今回はさらにこれを斜め貼りにする箇所もあります。

おさまりをどうするかで、建築家、現場監督、板金屋さんで何度もやり取りをしてようやく決まりました。

それぞれの立場がありますので、話し合って妥結点を見出すことが大切です。

さあ、どんな仕上がりになるか楽しみです!

2012年11月13日

12/1(土) お宅拝見!

「家を建てよう!」 と思い立ったとき、皆さんはまずどこへ行かれますか?

ハウスメーカーやマンションのモデルハウス。

分譲住宅のオープンハウス。

工務店や設計事務所による完成見学会。

 

どんな家に住みたいかによって訪れる先は様々だと思いますが、

そのどれもがキレイに着飾られ、「わぁ素敵!」と思う家ばかりだと思います。

家にある家具を置くと ... 冷蔵庫や洗濯機などの家電を置くと ... 

「実際に住んでみたらどうだろう?」 と思ったことはありませんか?
 

9.jpg

↑ 入居前

 

IMG_1882.JPG

↑ 入居後。

 

そんな皆様のご要望にお応えしまして(!?)、

入居後すでに2年が経過したガレージハウスの見学会を開催いたします。

これもひとえに入居者様の多大なるご厚意のお陰です。

ご協力本当にありがとうございます!

 

今回拝見させていただくお宅は、

弊社のHPや「ガレージのある家」等をご覧いただいている方にはおなじみ、

「奈良・葛城のガレージハウス」です。

urs-4122-11.jpg

urs-4152-11.jpg

urs-4182-11.jpg

urs-4244-11.jpg

 
黒いガルバリウム鋼板で覆われた外壁に、

ご主人が家族に気兼ねなく趣味の世界に没頭できるガレージ。

室内は白と黒を基調にシンプルモダンでスタイリッシュに統一され、

内観と外観のギャップに驚かされます。

こちらのお宅の入居後の様子がご覧いただけます。

 

見学会の詳細とご予約はこちらから ↓

https://www.zaus-co.com/tekijuku/kansai/2012/12/1146.html

 

ガレージを眺められる位置につくられた書斎で友人たちとクルマ談義で盛り上がれる住まい。

ご家族のライフスタイルに合わせて将来的に可変的な間取り。

建築家ならではのアイデアでゆとりと開放感が存分に味わえる空間。

この機会を、是非お見逃しなく。

 

(原田)