プロデューサー自邸を建てる

2021年02月12日

丹波篠山のバイクガレージハウス【OPEN DAY】

s-knd-3088-1.jpg

 

直前での告知となり、申し訳ありません。

こんなご時世ではありますが、

「丹波篠山のバイクガレージハウス」

【OPEN DAY】

を開催いたします。

他者との濃い接触無しにお越しいただける方、

換気を万全に、のんびりと焚火でもしながらお待ちしております。

 

【OPEN DAY】詳細はコチラ

 

s-knd-3111-1.jpg

 

建築家との家づくりについて、

ガレージハウスについて、

郊外で家を建てるには(←意外と大変!)、

住宅ローンのあれこれ、

色々とお話はできますが、

「ただ見たいだけー」

も、大歓迎です。

 

ご予約は不要ですが、事前にご一報いただけましたら助かります。

同時間帯に多数お越しいただいた場合、あまりお構いできませんがご了承ください。

もちろん家は自由に見ていただけます。

 

建物だけが完成した状態で、外構やその他諸々の遊び場は未完成です。

この場のこれからの成長を一緒に楽しみ見守っていただけたら嬉しいです。

 

s-knd-3128-1.jpgs-knd-3153-1.jpg

 

写真全て:アトリエK / 平野和司

2021年01月08日

プロデューサー 2軒目の自邸を建てる

新年早々、なんだか仰々しいタイトルとなってしまいましたが、、、

旧年度中は皆さまよりご愛顧をいただきまして誠にありがとうございました。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年末に神戸市灘区から兵庫県丹波篠山市へ移住した、大阪店スタッフの原田です。

表題通り2軒目となる自邸を建て、都会から郊外への住み替えをしました。

丹波篠山市にて土地を購入したのが2年以上前ですので、

当時はまだ「篠山市」であった頃からの長期計画をようやく遂げることができました。

本日、家を出る際の外気温は-6度でしたが、

清々しい気持ちで出勤してまいりました。

 

e721c55cc3fa32d40c6cef14021dad32b6575f70.jpg

前の「超・狭小住宅」を建てたのが2010年ですので、

丸10年、住宅ローン控除をきちんと享受して売却いたしました。

もちろん家に不満があっての住み替えではなく、

それはそれはとても便利で楽しい都会生活でした。

 

今回、2軒目の家がコチラ。

IMG_9703.JPG

縦の家から横の家に変わりました。

敷地面積11.9坪から約580坪への大出世です。

土地価格は11.9坪の方が高かったですが。。。

住まい手は同じですので趣味嗜好やライフスタイルに大きな変化はありませんが、

敷地とコンセプトが変わると家はこうも変わるのか!という好事例です。

 

自宅でありながら、ガレージハウスのショールームとして、

また宿泊機能もありますので、いずれは(⁉)ゲストハウスとして開放する予定です。

とは言っても自宅ですので、見ず知らずの方と一つ屋根の下で寝るわけにはいきません。

ある程度の「紹介」を介して、ご利用いただこうと考えています。

昨年末に引越しを済ませたばかりですのでまだまだおもてなしの準備は整っていませんが、

プレオープン的に既に数組の方々にはご利用いただいています。

特にバイクやクルマがお好きな方には、ツーリングの立ち寄り地としても。

 

・建築家によるデザインの家の売却について

・住宅ローンの借り換えについて

・田舎で土地を購入するのは都会よりかなり要!注意

・敷地境界が曖昧な広大な土地の住宅ローンについて

・筆界確認(境界確定)のコツ

・田んぼと浄化槽の関係

・地域の水利組合と仲良くするには

・2軒の家を建てて分かる設計者への要望の出し方

・薪ストーブと囲炉裏のある暮らし

・・・挙げだしたらキリがないほど、濃厚な計画の2年間でした。

機を見て少しずつではありますが、紹介していきたいと思います。

 

「こんな田舎はちょっと、、、」とお思いの方、

ドア to ドアで大阪の事務所まで電車で1時間10分。

神戸市内まで車で50分。

住宅ローンの支払い月額は10万ちょっと。

13年に延長された住宅ローン控除額を考慮すると、、、アリではないでしょうか?

趣味のバイクをこよなく愛し、建築に携わる人が本気で建てた2軒目の家。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

dfa1dc0bcab8ef43f1482521a0b6c561e54d8ff9.jpgdf14d72900ddaae705c6a3deaa8175d74c978656.JPGc3e7f2de80063fa0511832a660b2b6eaa023dc75.JPG4476502f69e9694ae75664f92bc6c582d5bb9ba7.JPG

 

これからもステイホームを楽しいものにしていきたいと思います。

< instagram / @base3380>

 

 

(原田)

2012年11月05日

ヒアリング

さて、我が家の計画はここから本格的にスタート。

そう、建築家とのヒアリングです。ヒアリングというのは建築家にプレゼンをしてもらうための聞き取りですね。

ここで、これから家づくりを考えている方にアドバイスを。

「ヒアリングでは、こと細かな要望は言う必要はない」 ということ。

どちらかというと、新しい住まいでどんな暮らしをしたいのか、どんな感じの家が好きなのか、最低限これだけの部屋数がほしいとか、そんな感じで構わないと思います。

必要であることは、建築家から聞いてくれますので。

細かい要望を言いすぎると、建築家もどうしてもその方向に行ってしまいますし、発想をふくらませることに制限をかけてしまいます。

私の伝えたことは・・・

①中庭をつくりたい。②部屋数はLDKと寝室と個室。③リビングとキッチンは分けたい。④LDKと寝室、水廻りは同一階。⑤駐車場は外部に1台。⑥住宅設備にコストをかけない、床や壁の仕上げ材にコストをかけたい。延床面積は30坪程度で。⑦アメリカの建築家、ルイス・カーンのエシェリック邸、フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトのマイレア邸が好き。

 

こんな感じでしょうか。あとは建築家の藤原誠司さんとの質疑応答や雑談でヒアリングは終了。

妻は私の家に対する思いを知っているので、基本的には私の好きなようにやらせてくれました。

これだけはしたい!、これは絶対イヤだ!ということだけ、はっきりと言ってもらうようにしました。

そして、次回はいよいよプレゼンテーションです!

 

()

2012年10月19日

建築家選び

さて、我が家の計画は以前からぼんやりとは考えてはいたのですが、夫婦2人の生活では、なかなか「家を建てよう!」というきっかけがありません。案外、住宅業界にいる知り合いは家を建てるのが遅い人が多いようです。

といいながらも、我が家の計画を考えることに。

幸いなことに、土地は私の実家の近くにありました。祖父母が残してくれたものです。本当にありがたい!!

資金計画や予算計画は、まあ専門ですから30分もあれば片付きます。問題は建築家選びです。

これまで数十名の建築家と関わってきましたので、良くも悪くもいろいろ知っています。

「さあ、どうやって選ぼうか・・・」

まず自分が好むテイストの建築家を選択。まず7名に絞りました。

ここで頭に浮かぶのが、「なんで、僕に声かけてくれへんかったん?」という建築家からの声。。。もしくは心の声。

という訳で、その後の選択は妻に任せました。妻をお客様と見立て、ヒアリングを行い、ザウス大阪店で作品アルバムを見せながら、「年齢は?」とか、「性格は?」、「設計の進め方は?」などなど質問に答えていきます。

 

ザウスでは建築家からのプレゼンテーションを受ける方法として、3名の建築家ら提案を受けるコンペ方式と、1名から受けるセレクト方式がありますが、今回はセレクトで1名を選びました。

妻も3名に絞るまでは楽だったようですが、最後はもう感覚で、「この人!」っていう感じ。

 

そうして選ばれたのが、一級建築士事務所フジハラアーキテクツの藤原誠司さん。

 

ここからついに、我が家の計画が本格的にスタートしました!

 

 

 

 

 

 

2012年10月07日

自邸建築日記

 1.jpg

 

こちらの建物をご存知でしょうか?ザウスのホームページや事例集等に掲載されていますので、ご覧になられた方も多いかと。

 

実は、この家は私、の自宅なんです!2010年の4月に完成しました。

 

大学を卒業以来、ハウスメーカーで6年、ザウスで7年(計画当初)の住宅業界の経験を経て、ようやく自邸建築が実現しました。

 

お客様の家は、数多くお手伝いさせて頂きました。自邸を建てるにあたって、はじめて施主の立場になった私が、どんな希望を持って、またどんな不安を感じて、計画から竣工までを迎えたのかを、振り返っていこうと思います。お楽しみに!