有馬のガレージハウス

2020年08月30日

有馬のガレージハウス 上棟

アプローチの岩掘削工事から数ヶ月、

建築工事には事前に予測できない事が色々とありますね。

施主さまのご理解のお陰で、また、関係者各位の皆様のご協力のもとで万事解決、

ついに見事な上棟を迎えることができました。

 

IMG_1026.JPG

周囲の環境もあいまって、とても存在感のある建物です。

骨組みだけでも、迫力のあるガレージハウスであることが分かります。

写真では分かり難いですが、岩削り出しの荒々しいアプローチも

風雨に晒されて良い感じになっていました。

 

41e53b5a173076d96be05171b9514f4d8046b404.JPG

2台の車を格納するガレージの大開口を支え、

更にガレージロフト空間を確保し、

大屋根を支える骨組みが少々特殊なのが見てとれます。

これらのほとんどが完成時には天井の中に隠れてしまうので、

当然、今しか見ることができません。

 

IMG_1017.JPG

ガレージと中庭を通じて繋がるリビング空間。

横顔も夏空に映えるイケメンな建物です!

 
 

ブログでは「有馬のガレージハウス」ばかりを取り上げていますが、

・兵庫/岡本のガレージハウス(車4台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車1台とバイク1台格納)
・京都/木津川のガレージハウス(車2台とバイク2台格納)
・奈良/生駒のガレージハウス(車1台格納)
・奈良/生駒のガレージハウス(車2台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車4台格納)
・大阪/門真のガレージハウス(バイク4台格納)
・滋賀/大津のガレージハウス(車1台、バイク2台格納)
・兵庫/須磨のガレージハウス(車1台格納)

これだけのガレージハウスが現在絶賛工事中です。

もちろん、ガレージハウスではない物件もいくつかあります。

もう少し頻繁に紹介していけるようにしなければなりません。。

 

 

(原田)

2020年05月31日

有馬のガレージハウス アプローチ掘削

先日ご紹介いたしました「有馬のガレージハウス」。

あまり見慣れない岩盤掘削の現場風景に「その後どうなりました?」と

複数のお問合せをお受けしましたので、経過のご紹介をさせていただきます。

 

~Before~

IMG_2340.JPG

 

~After~

IMG_0776.JPG

IMG_0778.JPG

 

はい、クルマのアプローチがお目見えしました!

 

「こんな土地、クルマが入れられない!ありえない!」とお嘆きの皆さま。

簡単な話ではありませんが、このように力業で何とかなるケースもあります。

<道路との高低差>、<敷地内の段差>、<急斜面>、<古い擁壁>、、、

<不必要な堀込ガレージ>、<幅の狭い専用通路>、<全面道路幅の狭さ>、、、

これまでクリアしてきたハードルの数々。

 

そもそも、更地の土地だけを見て「この土地メッチャ良い!!」と

テンションの上がるような売物件はごく一部の希少物件です。

そしてそんな土地はメッチャ高いです(苦笑。

ただ単にお金を掛けて土木工事や宅地造成をするのではなく、

土地のデメリットを建築の工夫でメリットとして活かすことができれば、

お得に、そして面白い家ができると思いませんか?

 

IMG_0781.JPG

岩盤掘削工事の後、敷地内部から見たところです。

この状態での売土地であれば、より早く、より高額で売れましたのに。

良い土地を見つけるには 【想像力】 が必要です。

 

このアプローチと広々ゆとりのある敷地で実現する今回の計画。

この更地の土地だけを見て、既にテンション上がってます!!(笑。

 

 

(原田)

2020年04月23日

有馬のガレージハウス

有馬温泉は、兵庫県神戸市北区有馬町(摂津国)にある日本三古湯の温泉です。

林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、

江戸時代の温泉番付では当時の最高位である「西大関」に格付けされた、との事。

<ここまでwiki情報>

 

そんな歴史ある風光明媚な地域内にて、ガレージハウスの計画がスタートしています。

 

dd24aa1362cc99dd3689ae302b5a51085f5f8952.jpg

奥の重機は擁壁解体中、手前の重機は岩盤掘削中。

一見、戸建て住宅の建築現場には見えません(笑。

 

500㎡を超える、とてもゆとりのある敷地ですが、ガレージハウスとして快適に住む家を建てるには、いくつか大きな障壁がありました。

 

Q1)樹木が生い茂る放棄地なのですが。。。

A1)もちろん業者に処分を任せたら楽なのですが、コストが掛かります。施主さんが重機をレンタルし、建築工事が始まる前にご自身で<樹木の伐採・伐根・処分・整地>をこなすことで、百数十万のコスト削減を実現。もちろんそれができる方に限りますが。

 

Q2)道路から岩盤の丘を越えないと敷地に入れない。。。

A2)その分、土地代金が割安なので、岩盤掘削/土木工事に数百万掛けてもコスパが良い。岩盤掘削工事については建築を専門とする工務店に依頼をするのではなく、造成を得意とする土木業者さんに直接交渉をすることで、ここでも百数十万のコスト削減。

 

Q3)敷地に水道を引き込む経路に擁壁があるのですが。。。

A3)A2の土木業者さんに、岩盤掘削ついでに擁壁を割ってもらいましょう!

 

土地を購入する段階で、施主さんにここまでの理解をしてもらえたからこそ実現する計画です。

 

岩盤の丘を削り取り、荒々しい岩盤を両袖に敷地へのアプローチとする計画。

そこをコダワリの愛車が「ヴォンッッ!!」と進入してくる画が目に浮かびますね!

 

 

(原田)