堺のガレージハウス2

2019年09月16日

堺のガレージハウス2 外壁と塗装と

3e206087fb71e66087c9bddbe590652ce52b1834.jpg

 
いよいよ完成間近か?と思いきや、

もう少し時間の掛かりそうな「堺のガレージハウス2」。

こちらブログでは上棟の様子をご案内し忘れておりましたが、

弊社のfacebookアカウントの方でご覧いただいた方もいらっしゃると思います。

堺のガレージハウス2 上棟

それはそれは、大迫力の現場でした。

 

あれから3ヶ月以上が経ち、現場はいよいよ仕上げの工程に入っています。
 

IMG_0130.jpg

ガレージ内部、天井と壁の塗装が完了。

クルマが映えるように、落ち着いたグレーで統一。

ここに仕込まれた照明がとてもよい仕事をするのでしょう。

 

IMG_0126.jpg

右上、2階の床がスキップフロアになっており、

その段差を一部ガラス張りとすることで、

2階からガレージ内を見下ろすことができます。

 

IMG_0129.jpg

このすこーんと天井の抜けたスペースには、、、

 

IMG_0135.jpg

2階がガラス張りになっており、、、

完成した後には、ムフフな景色が現れます。

 

IMG_0144.jpg

この無骨な鉄骨!梁!デッキプレート!

あまり剥き出しで仕上げる機会は少ないですが、

「これぞまさに鉄骨造!」という雰囲気が好きです。

 

IMG_0141.jpg

外壁は「ガルバリウム・スパンドレル」で統一されています。

この辺りもこの物件の特徴の一つではありますが、

仕上り前のこの状態では分かり難いのでまた次の機会にでもご案内します。

 

完成見学会は10月か?11月か?

またのご案内をご期待ください。

 

 

(原田)

2019年05月10日

堺のガレージハウス2 基礎工事

工事着工まで試練のあった(詳細は過去記事にて)こちらのお宅。

着工してからは順調に進んでおります。

 

遣り方 → 掘削 → 砕石転圧 → 防湿シート → 捨コン

→ 鉄筋配筋 → 役所(検査機関)による配筋検査も無事に合格し、

コンクリート打ちの為、型枠作成中の現場です。

 

IMG_1606.JPG

 

型枠大工さんの仕事ぶりをしばし見させていただきましたが、

これは本当に縁の下の力持ちですね。

 

型枠と言っても様々な種類があり、

その中でも住宅建築でよく見るのは2種類、

「鋼製型枠」と「木製型枠」です。

どちらが良いのか?は現場によって変わりますが、

「鋼製型枠」は組み立ても簡単で、建売住宅や面積の広い大型物件などでは

同じような型で繰り返し使えるというメリットがあります。

デメリットは、汎用性の低さとメンテナンスに手間が掛かるという点でしょうか。

 

今回こちらの現場では「汎用性」という点で「木製型枠」を採用しています。

一律に見える基礎工事ですが、深さや長さや角度など、

この現場だけでも様々な型枠を使う必要があります。

 

IMG_1593.JPG

例えば、重厚な鉄骨の柱を足元で支える「ベースパック」(上の写真)

この周辺だけでも複雑な基礎形状となります。

構造図面を睨みながら、現場で型枠を作り組み上げてく「木製型枠」は

やはり型枠大工さんの腕の見せ所。

 

あまり日の目を見ることがない基礎工事ですが、

どんなに素晴らしい建物でも、安心して快適・安全に住めるのは

地盤について、基礎について、綿密な構造計算を基に

しっかりとした設計と施工があっての事(当たり前の話ですが)。

 

高気密・高断熱やお洒落なキッチン、かっこいいガレージも重要ですが、

地味でよく理解のできない分野だとは百も承知で、

皆さま!!地盤工事・基礎工事にもっと注目してくださいー!!

マニアックな目線でみると、とても面白い事だと気が付きますよ(笑。

(建築は見えないところが面白い!)

 

 

(原田)

2019年04月11日

堺のガレージハウス2 地鎮祭

ed6eac4597cd3098cc9412120d55064d7e8f6e76.JPG

 

天気にも恵まれ、お日柄の良い大安吉日。

いよいよ? ようやく?

地鎮祭のこの日を迎えることができました。

 

IMG_0636.JPG

 

スペシャルなクルマ達のために、7台分ものインナーガレージを持つこちらのお宅。

1階のほとんどのスペースがガレージとなりますので、鉄骨造2階建ての計画です。

そうです、昨年の夏頃から今だに問題が解決されていない、鉄骨造です。

 

鉄骨を繋ぐには欠かせない「ハイテンション(高力)ボルト」が

全国的に不足している現状により国土交通省が緊急調査を実施するほど、

建設・建築業界では大・大・大!問題となっています。

鋼材母材の仕入れやら、オリパラの影響やら、

工場の生産能力やら、フリマアプリで売られているやら、

ホントもウソも混ざった噂が飛び交っていますが、

ようやく目処が立ってきたような気がする ... ということで、

先日、地鎮祭とあいなりました。

 

IMG_0637.JPG

 

あれ?? そうでした、2階のスペシャルな1台分を失念していました。

7台インナーではなく、8台のインナーガレージでした。

こちらもご期待ください!

 

 

(原田)