伏見のバイクガレージハウス

2015年02月01日

お引渡し

あいかわらずインフルエンザが私の身の回りに蔓延しています・・・

施主、建築家、カメラマンなどなど。

皆様もどうぞご自愛ください。

さて、昨日は『伏見のガレージハウス』のお引渡しでした!

IMG_3681.JPG

IMG_3697.JPG

バイク好きにはたまらない『スズキ・カタナ』が鎮座する一階のガレージ。

施主のI様との出会いからおよそ2年。待ちに待った完成の時をようやく迎えることができ感慨もひとしおです。

IMG_3630.JPG

この日を境に、新しい生活がこの建物から始まるって不思議な気がしますね。

I様本当におめでとうございました!!

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから

2014年12月21日

伏見のバイクガレージハウス

今週土日に開催いたしました、【伊丹のガレージハウスⅡ】【生駒の家】の見学会をもちまして、2014年の完成見学会の日程がすべて終了いたしました。

今年も多くの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

また、ご協力をいただきました施主の皆様には感謝の気持ちでいっぱいでございます。
来年も引き続き見学会を開催させていただきたいと思います!
よろしくお願いいたします。
早速、来年1月に見学会を予定している現場がいくつかございます。
今回はそのうちの1つ、京都の伏見で進行中の現場【伏見のバイクガレージハウス】をご紹介します。
来月の完成に向けて着々と工事が進められていました。
今西邸020.JPG
既に足場はばれております。
外壁の1階部分はコンクリート打ち放し、2階部分は焼き杉板です。
焼き杉が京都の景色に馴染んでおり、RCのガレージにはしっかりと存在感があります。
今西邸011.JPG
現場に向かう道の途中、裏側から建物の姿を見ることができました。このスッキリとした外観、遠くからでも一目でわかります。(一番左です)
今西邸012.JPG
1階はほぼガレージのみ。シャープな階段を上ると2階が居住スペースになっています。
LDKの大きな窓からは京都の山々を見ることができ、贅沢な空間です。

今西邸014.JPG

 
今西邸015.JPG

縦長の敷地を生かした空間とRC造のガレージ、完成が楽しみです。
 
(亀井)

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから

2014年11月08日

現場巡り

現在ザウスでは京都で3軒の住まいづくりをお手伝いしています。

京都には店舗がありませんので、皆さん大阪店へお越しくださいました。

ありがたいことです。

打合せはご自宅やショールーム、現場など場所は様々ですが、なるべくお施主様のご希望に添えるように致しますので、京都にお住まいの方、もっともっとお待ちしております(笑)。

さて今日は、京都市伏見区の現場をご紹介。

1.jpeg

以前にもご紹介しましたが、1階は鉄筋コンクリート造の大空間ガレージがほとんどのスペースを占めます。

コンクリート打ち放しの仕上げに書斎付のガレージはまさに男のロマン!

2.jpeg

打ち放しと相性抜群の鉄骨ササラの階段。

そして2階に上がりますと・・・

3.jpeg

一転、木の梁をあらわしにした温かみのある空間が待っています。

ハードでシャープな1階ガレージと、ゆっくりと落ち着くことができるLDK。

外壁工事は来週からですが、1階のコンクリート打ち放しに対し、2階は焼き杉板という組み合わせ。

ああ、やっぱり現場は楽しい!

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから

2014年08月10日

コンクリート打設

台風11号が上陸する前の8月8日、「伏見のガレージハウス」の現場を覗いてきました。

「伏見のガレージハウス」は1階が鉄筋コンクリート造(RC造)、2階が在来木造の混構造の住宅。

1階は玄関と階段以外はほぼガレージという究極のガレージハウス。

ガレージ部はほとんど柱や壁がない大空間。

先日、1階RC部のコンクリート打設が完了しました。

今西1.jpeg

これだとコンクリートが打たれているかわかりにくいですが・・・

今西2.jpeg

白っぽく見えるのが1階RC部の天井部分。グレーの線状の部分が木造の土台がのせられる場所です。

遠くに京都の山の稜線が見える絶好のロケーションです。

2階レベルの高さからは初めて見られましたので、一同 「お~~っ!!」

見返しもこんな感じです。

今西3.jpeg

敷地の三方とも緑の借景がある稀有な土地。

しばらくの養生期間をおいて型枠がばらされRC部の全貌が現れます。

次のレポートをお楽しみに!

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから

2014年07月14日

伏見のバイクガレージハウス

先日、6月下旬に着工した現場に行ってまいりました。

現場は京都の伏見区に位置し、京都の山々に囲まれた住宅街の中にあります。

その日は基礎コンクリートの打設をしている最中でした。

写真 4.JPG

このポンプ車からコンクリートを流し込みます。

写真 5.JPG

職人さんたちがコテなどを使い、流し込まれたコンクリートを均す作業をしているところです。

台風8号が近づいていたので工程を予定より前倒しにして、台風による雨の影響をなんとか避けることができました。

無事に基礎コンクリート打設できました!

今後の工事の経過が楽しみです。

(亀井)

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから

2014年04月13日

地鎮祭 伏見のガレージハウス

4月11日、春らしい陽気の中、伏見のガレージハウスの地鎮祭が行われました。

jitinimanisi.JPG

ご存知の方も多いと思いますが、地鎮祭とはその建築地に宿る神様を鎮める儀式。

式次第はこのようになります。

・修祓(しゅばつ):斎場並びに参列者のお祓い。
・降神(こうしん):地鎮祭の神々をお招きする。
・献饌(けんせん):お供え物の献上。
・祝詞奏上(のりとそうじょう):地鎮祭用の祝詞奏上。
・清祓いの儀(きよはらいのぎ):敷地の四方をお祓い清める。

・斎鎌の儀(いみかまのぎ):設計者が盛り土されたところに立てられた草を刈る仕草をします。

・斎鍬の義(いみくまのぎ):施主が盛り土に鍬を入れます。

・斎鋤の義(いみすきのぎ):工務店の代表が鋤をいれます。

地鎮祭今西邸.JPGのサムネイル画像

・玉串奉奠(たまぐしほうてん):榊の木の枝を神饌にささげる。二礼二拍手一礼。

・撤饌(てっせん):お供え物をさげる。

・昇神の儀(しょうしんのぎ):土地の神様を天に帰って頂く。

・神酒拝戴(しんしゅはいたい):お供えしていたお神酒を頂く。

式自体は30分もかからないのですが、文章にするとえらく長いですね・・・。

書き始めて後悔しましたorz

地鎮祭は何度参加しても、背筋が伸びる思いがします。

さあ、あとは建築確認申請が下りるのを待つのみです。

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから