2014年08月10日

コンクリート打設

台風11号が上陸する前の8月8日、「伏見のガレージハウス」の現場を覗いてきました。

「伏見のガレージハウス」は1階が鉄筋コンクリート造(RC造)、2階が在来木造の混構造の住宅。

1階は玄関と階段以外はほぼガレージという究極のガレージハウス。

ガレージ部はほとんど柱や壁がない大空間。

先日、1階RC部のコンクリート打設が完了しました。

今西1.jpeg

これだとコンクリートが打たれているかわかりにくいですが・・・

今西2.jpeg

白っぽく見えるのが1階RC部の天井部分。グレーの線状の部分が木造の土台がのせられる場所です。

遠くに京都の山の稜線が見える絶好のロケーションです。

2階レベルの高さからは初めて見られましたので、一同 「お~~っ!!」

見返しもこんな感じです。

今西3.jpeg

敷地の三方とも緑の借景がある稀有な土地。

しばらくの養生期間をおいて型枠がばらされRC部の全貌が現れます。

次のレポートをお楽しみに!

 

完成したコンクリートガレージのある「伏見のバイクガレージハウス」(※伏見のガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただけます。

複数台のクルマやバイクを格納できるガレージハウスの施工例はこちらから