2014年02月24日

内装下地完了

ソチオリンピックもついに閉幕しましたね。

印象に残ったのはやっぱりスキージャンプの葛西紀明さん。

年齢が私より一つ上という同年代ですので、親近感がわいてきますし、刺激も受けます。

葛西さんが次のオリンピックで金メダルを目指すように、私も高みを目指して頑張っていこうと思います!

といいつつも、することは今までと変わりません。一つ一つ確実に素敵な家をつくりあげていくことにつきます。

さて、今日は鳳のガレージハウスの現場です。

sonoldk.JPG

いくつかの問題点がありながらも、順調に工事は進んでいます。

2階部分は内装下地がほぼ完了しています。

内装下地とは文字通り、内装をする前の下地のことで、たいていは石膏ボードのことを指します。

石膏ボードといったり、プラスターボードといったり、図面上ではPBと書かれています。

石膏ボードは火に強いため、ほとんどの現場で壁、天井の下地で使用されます。

下地処理をしたうえで、この上からビニールクロスやペンキ、漆喰などが施工されます。

内装下地の完了は、大工さんに取ってひとつの区切りとなる工程。

この後は、クロス屋さんや塗装、左官屋さんなどの職人さんにいったんバトンタッチします。

大工さんあともう少し。よろしくお願い致します!

 

完成したコンクリートガレージのある「鳳のガレージハウス」(※鳳の狭小ガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただ けます。

10坪台の狭小地に建てたガレージハウスの施工例はこちらから