2014年01月26日

上棟式 - 鳳のガレージハウス編 -

鳳のガレージハウスの現場で上棟式を行いました。

最近は上棟式を行わない現場も多いと聞きますが、ザウスで家づくりをされる方は式をされる方が非常に多いですね。

プレハブや既製品ばかりの家と違い、職人さんの手がかかることが非常に多く、きちんと大工さんを労いたいと思って頂けるようです。

sonod1.JPG

写真は上棟式後の電気打合せ。

図面上で電機のコンセントやスイッチの場所は決めていますが、実際に立ち上がった建物に身を置くと、ここにもあったほうがいいんんじゃないかとか、スイッチここのほうが使いやすいんじゃないかとイメージしやすくなるので、再確認の意味を込めて打合せします。

sonod3.JPG

こちらは大工さんと建築家の打合せ風景。

階段のおさまりについて話し合っています。

階段一つとっても踏み面や蹴込み寸法で空間のイメージが変わってきます。

建築家が思うことに対し、大工さんが『こうやったほうが見た目もおさまりもきれいじゃないか?』と逆提案があったりと白熱していました。

私なりにも思うことがありますので、『でも、こっちのほうがいいんじゃないですか?』と言ったりするもんで、なかなか決まらなかったり・・・。

こんな打合せを重ねながら家はできあがっていきます。

もっと楽な家づくりの仕方があるのはわかっていますが、これが楽しいからしょうがないんです。

やっぱり現場は面白い!!

 

完成したコンクリートガレージのある「鳳のガレージハウス」(※鳳の狭小ガレージハウスとして掲載)はこちらからご覧いただ けます。

10坪台の狭小地に建てたガレージハウスの施工例はこちらから