Produce 住宅プロデュース

奥村 和幸 (オクムラ カズユキ)

奥村 和幸 (オクムラ カズユキ)

Profile プロフィール

事務所名/奥村和幸建築設計室
生年月日/1960年04月13日
出身地 /京都出身

Concept 作品のコンセプト

内部と外部を貫通するように配置された2つの箱と、それらをまたぐ壁で空間を構成しています。このような構成によってできるスリット状の開口部はプライバシーの高い外観からは想像できないくらい、驚くほど開放的な室内を実現しています。光が差し込み、風が通り抜けます。さらに居間からプライベートゾーンの廊下までを視覚的に連続させることによって、家族の気配がいつも感じられる空間構成である同時に、外部風景の断片を取り込むことによって、内外部が混ざり合い物理的な空間のサイズを拡張しています。

Career 主な経歴

1983年 3月 京都工芸繊維大学工芸学部建築学科 卒業
1983年 4月 (株)富家建築事務所 入社
1987年 4月 (株)早川邦彦建築研究室 入社
1998年 4月 (有)奥村和幸建築設計室 設立
2001年 4月 武蔵野美術大学建築学科非常勤講師 着任
1984年 4月 京の町家街区への提案設計競技 : 優秀作品賞
1994年 5月 金津創作の森センター施設プロポーザルコンペ : 最終審査作品
1996年11月 小町の舎デザインコンペティション : 最終選考案

Hobby 趣味

スキューバダイビング、スキー

Wish 住まいづくりへの想い

1件1件の住宅は住まい手のライフスタイルや要望も違えば、敷地の環境、規模や予算など様々な条件が異なるものです。このような様々な与条件を総合的に判断して本当にそのクライアントおよび環境に合った最適解を見つけたいと考えています。さらに当然のこととしてクライアントの要望は丸ごと受け留めながらも、住まい手の予想通りの家ではなく予想をいい意味で裏切り「なるほど」と思ってもらえるような、想像を超える空間と住宅のあり方を提案してゆくことも建築家として大事なことではないかと考えています。

Niche 得意分野

逆に不得意な分野として挙げるのであれば数寄屋、木造伝統工法(在来工法ではありません)、民家移築などの経験がありません。工法としては木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、それらを組み合わせたハイブリッドな混構造など何でも得意としておりますし、設備的にも高気密、高断熱仕様やOMソーラーなどいろいろなシステムに取り組んでいます。

Episode ザウスに登録したきっかけ・理由

家づくりをすすめるに当たってクライアントの選択肢が増えていることは良いことであると思います。そのひとつとして住宅プロデューサーの存在はその一翼を担っており、建築家とクライアントの距離を縮める有効な機関であるという考えから登録したいと考えます。より多くのクライアントとめぐり会いたいものです。

PAGE TOP