EVENT イベント

第1478回 土地探しから建築家との家づくりを始める人の相談会

「六甲の狭小住宅」およそクルマ1台分の駐車場の広さと同じ敷地約12坪での地鎮祭の風景。敷地内の白いヒモで囲まれた部分が建築面積7.1坪部分。人が3人並ぶとほぼ横幅一杯。
ただ、2つの道路に面しており、玄関と駐車スペースの入口を分けることができるメリットがあった。この地に3階建ての狭小住宅が完成

「六甲の狭小住宅」およそクルマ1台分の駐車場の広さと同じ敷地約12坪での地鎮祭の風景。敷地内の白いヒモで囲まれた部分が建築面積7.1坪部分。人が3人並ぶとほぼ横幅一杯。ただ、2つの道路に面しており、玄関と駐車スペースの入口を分けることができるメリットがあった。この地に3階建ての狭小住宅が完成
設計/藤原誠司 撮影/杉野 圭

Schedule スケジュール

開催日時 12月5日(土)、13日(日)、17日(木)
各日とも 11:00〜/15:00〜
開催場所 ザウス東京店(渋谷区千駄ヶ谷5)
ザウス群馬店(前橋市天川原町)
定員 各回 2組様限定(予約制)
参加費 無料
お問合せ先 ザウス東京店 0120-054-354
ザウス群馬店 0120-254-354

Description 概要

「六甲の狭小住宅」リビングからキッチン方面を見る。壁内を棚や収納に利用するため、鉄骨造にて建築されている

「六甲の狭小住宅」リビングからキッチン方面を見る。壁内を棚や収納に利用するため、鉄骨造にて建築されている。

「どのくらいの大きさで、どのくらいのボリュームが建つのか分からない」

「防火地域・準防火地域、高度地区など法規制が実際の建物にどのような影響を与えるのか知りたい」

「クルマ2台を格納できるガレージハウスを建てたい。最適な土地を探してほしい」

「建物費用も含めた総予算を超えない範囲で土地探しをしたい」

「地価が高いので限られた大きさでガレージハウスを建てたい」

「建築家の設計力を期待し、変形地や旗竿地など相場より安い土地を見つけたい」

「実際に建物を建てた場合の日当たりや通風が確保できるのかを確認しながら、土地探しをしたい」など、

土地探しをする方の条件は様々で、なおかつ建てたい家に求めるものも違います。ご要望の建物に最適な土地はどれかを常に考えながら、ザウスのプロデューサーは土地探しをサポートしています。

狭小住宅やガレージハウスをはじめ、様々なレパートリーの建物をプロデュースした経験から行うアドバイスはひと味違います。 不動産業者や一般的に言われている「良くない土地」でも建築家のデザイン力を前提にすると懸念事項がプランで克服されることもあります。 お客様の立場に立ってアドバイスをするため、ザウスは不動産の売買を手がけておりません。

金額も高い上に専門用語も多くなかなか難しい土地探し、ザウスに相談してみませんか?相談および土地探しサポート費用は無料です。お気軽にご相談ください。

写真でご紹介している「六甲の狭小住宅」はこちらからご覧いただけます。

ザウスで土地探しサポートサービスを受けられたNさん。

当初、自分で土地探しをしていました。そのとき、不動産屋さんなどから「南向きの土地が良い」「旗竿地は良くない」とか聞いているうちに頭でっかちになってしまい、どんどん選択肢が狭くなり、探すこと自体に疲れを感じてしまうようになりました。

そんな時に妻がネットで「こんなのあるよ」とザウスさんのサービスを見つけてきました。土地探しのサポートをお願いし、土地を一緒に見てアドバイスをもらう中で、土地をみるポイントが変わっていきました。

最終的に購入を決めた土地も、前に見た土地で、北向きというのがネックになっていました。ところがザウスさんから「何も問題ないです。むしろ接道面が北のほうが、南側のリビングが通行人の視線にさらされませんよ」とのアドバイスを受けて、今までデメリットだと考えていたことがメリットに転換できるのだと、発想が前向きになり選択肢が増え、土地購入を決めることができました。

Nさんが建てた「千里のバイクガレージハウス」はこちらからご覧いただけます。

Producer プロデューサー

廣畑良太の顔写真
廣畑 良太 / Ryota Hirohata

土地には、見ただけでは分からない様々な条件が法的なもの以外にも本当にたくさんあります。不動産会社と契約される前にぜひご相談ください。

PAGE TOP