EVENT イベント

空間が連続する2世帯住宅

空間と時間を家族で共有することのできる2世帯住宅。
横浜市で住まいの完成見学会を開催します。

【第528回「住まいの適塾」完成見学会 緩やかに空間の連続する2世帯住宅】

日時:12月18日(日)
第1回午前10:30〜
第2回午後2:00〜
開催場所:横浜市港北区
参加人数:各8組様
講師:石井 秀樹氏
石井 秀樹氏

石井 秀樹氏








コンセプト平面図

コンセプト平面図

敷地の東側と南側には隣接した住宅があり、西側は旗竿状の敷地のアプローチ部分に接している。そして、北側には前面道路を挟んで緑に覆われた法面が立ち上がっている。こんな条件の土地にあなただったらどんな家を建てますか?

今回、横浜市で開催される2世帯住宅のお施主様とザウスとの出会いは昨年の6月、住まいの適塾として開催された「完成見学会」へのご参加でした。その後、さまざまな講座や見学会へご参加いただき、半年後の昨年12月、設計コンペティションを開催。お施主様とザウスと建築家石井秀樹さんによる住まいづくりがスタートしました。石井さんからの提案は敷地北側の法面にある緑を充分に生活の中に採り込むことと、南西側からの採光を確保すること。そして、法的な規制からセットバックが必須となる北側に駐車スペースを確保しつつ、北側斜線による規制を緩和するために、可能な限り敷地の南東部分に建物を配置することで、建蔽率いっぱいの面積を実現するというものでした。(敷地面積:108.85m2(32.92坪)、建蔽率50%、容積率80%)

2世帯住宅といえば、日々の生活動線とそれぞれの世帯のプライバシー確保が気になるところ。こちらのお住まいでは、親世帯と子世帯が完全に分離した生活とならないよう、自然な関係で空間と時間を共有できるよう配慮されています。中でも、暮らしの中心となるリビングは両世帯の中間領域として、1、2階それぞれのダイニングキッチンから視線の通る中2階に配置され、そこにつづく階段も広く緩やかなものとなっています。

穏やかに空間の連続する横浜の家。2世帯住宅をお考えの皆様以外にも必見のお住まいです。


石井秀樹氏による模型

石井秀樹氏による模型

石井秀樹氏による模型

石井秀樹氏による模型


PAGE TOP