WORKS 施工例

甲陽園の眺望を楽しむ住宅2・西宮市

このエントリーをはてなブックマークに追加
mizu-720-1_01
IMG_2403_02
mizu-106_03
IMG_2448_04
IMG_2422_05
IMG_2489_06
>

Architect 建築家

北村陸夫 (キタムラ リクオ)

事務所名 / 株式会社ズーム計画工房
生年月日 / 1944年
出身地  / 奈良県出身

厳しい立地条件を克服した快適な住まい

兵庫県西宮市・甲陽園。緑に囲まれた高台に位置し、南に阪神エリア全体・大阪湾を一望できる絶好のロケーションに建つM邸は、心ゆくまで眺望が楽しめるお住まいです。

しかし、そのお住まいが建つ敷地の3分2はなんと「急斜面の崖地」。家を建てるには、技術とアイデアが要される場所でした。

「家をつくるには"偏差値の高い場所"でしたが、眺望や景観のよさは、何ものにも代えがたい魅力でした。それに、この変形地を活用してデザイン性の高い家づくりができるのでは、と考えてこの土地を選びました」。建築主のM様は、当時を振り返られます。

設計を担当したのは、北村 陸夫氏。ザウス建築家である、経験豊富なベテラン建築家です。

M様が北村氏に託されたご要望は、大きく3つ。「木造部分を作ること」、「リビングダイニングルームを広く取ること」「1階に趣味の部屋をつくること」...はたして、この厳しい立地条件の崖地に、どのような設計プランで応えたのでしょうか。

崖地に配慮された快適な設計デザイン

北村氏は、住まいの外観を、緑豊かな山を背に円弧状を描くデザインとしました。地形にほどよく溶け込み、住まいに眺望を取り込むことを実現したスタイリッシュな外観です。

さらに、地盤が不安定な崖地に配慮し、地下と1階を頑強な鉄筋コンクリート造、2、3階を居住性の高い木造の「混構造」に。機能面に優れ、建築家ならではのたくみなデザインで、見た目以上の快適さが実現しました。

「すべてが鉄筋コンクリート造だと冷たい雰囲気になるので、なんとか木のぬくもりを取り入れようと思って。そのため、木造部分に強度を上げるための筋かいを入れるなどの工夫をしました」と北村氏。

「ただでさえ立地条件が悪いのに、細かな構造計算までしていただいて。北村さんは苦労されたと思いますが、おかげさまで、仕上がりにはたいへん満足しています」と、M様も笑顔で話されます。

「趣味の部屋」は、コンクリート打ちっ放しのシンプルな空間。昔、バンド活動をされていたM様が、仲間と一緒にスタジオ代わりに使用したり、ホームシアターを楽しむ多目的スペースとなっています。

また、趣味の部屋に設置されているトイレにも、こだわりの一面が。壁が曲面になっていて、一見すると、トイレとは思えないデザインなのです。「遊び感覚を取り入れて作ってもらいました。イメージは、おしゃれなバーのトイレでしょうか。じつは、ステンレス製の手洗い場も既製品ではなく、オリジナルなんですよ」。M様と北村氏のこだわりは、お住まいのいたる所にのぞくことができます。

開放的な空間が家族の会話を育む

2階には、木のぬくもりがあふれる広々としたリビングダイニングルームが設けられました。庭に面した大きな窓から、甲陽園の豊かな景色を眺めることができます。また、3階まで吹き抜けとなっており、上の窓からもリビングに向かってさんさんと光が降り注ぐ、心地よい空間です。

さらに、落ち着きある風合いの栗(くり)材のフローリング、キッチンまわりに配された乳白色のガラスなど、空間に快適さやぬくもり感を与える建築家の演出は尽きません。

大きな窓の向こうには、板張りのインナーテラスが設けられました。リビングダイニングと一体感を持たせることで、空間に広がりを持たせるほか、家族との大事なコミュニケーションの場にもなっています。

「このインナーテラスは、昔の日本家屋にあった『縁側』をイメージして作りました。自然と人が集まって、コミュニケーションが生まれる。そんな場所になってくれたらいいですね」と北村氏は語ります。

最上階のフロアは、家族それぞれの部屋。吹き抜けに面した廊下に出るだけで、2階のリビングダイニングにいる家族とも会話ができる構造になっています。

「『おーい』でつながる家とでも言えばよいでしょうか。壁で分断せず、常に家族の雰囲気が感じられるような家にしたかったんです」とM様。

崖地という厳しい立地条件をみごと克服し、3つの要望がすべてかなえられた充実のお住まい。夕暮れどきになると、リビングの大きな窓からオレンジ色の光がこぼれ、道ゆく人たちも温かな気持ちにさせてくれる、たいへん快適な住宅となりました。

PAGE TOP