WORKS 施工例

瑞江の狭小住宅・東京 (建築面積 約7.9坪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mizue_case_001
mizue_case_002
mizue_case_003
mizue_case_004
mizue_case_005
mizue_case_006
mizue_case_007
mizue_case_008
mizue_case_009
mizue_case_010
mizue_case_011
mizue_case_012
mizue_case_013
mizue_case_014
mizue_case_015
mizue_case_016
mizue_case_017
mizue_case_018
>

Description 建築概要

敷地面積 約13坪
建築面積 約7.9坪
延床面積 約21坪

Architect 建築家

柳 勉 (ヤナギ ツトム)

事務所名/ブリックス建築設計
生年月日/1963年11月21日
出身地 /群馬県出身

建築面積7.9坪の狭小地に建てられた
白いタイル床に黒い家具が映えるシンプルモダンな空間

「この狭小地に家が建てられますか?」これがH様からの最初のご質問。まず、建物のボリュームをチェックし、大きさを確保できることを確認してプランニングスタート。設計を担当したのは建築家の柳(ヤナギ)氏。H様からのご要望で1Fは鉄筋コンクリート打放し造に。こだわりの室内には様々なご要望が反映されている。

浴室などの水回りはガラス貼りを希望された。室内が広く見える効果があり、狭小住宅でよく採用されている。気になる視線は、入浴中は湿気でガラスが曇りよい目隠しになりあまり気にならない。

2Fのキッチン横にはあえてスペースをとり、ここに冷蔵庫・食品類や洗濯機などを収納。物が増えて散らかりがちなキッチンスペースがすっきりシンプルに使えるように工夫。

また、壁面は鏡面仕上げのカラーガラスを採用。白いタイルの床にリビングの黒い家具とともにとてもモダンな雰囲気をつくり出している。

3Fはチーク材の濃淡のある床に、目を引くパープルの壁。H様がとある店舗で見かけ、気に入り採用。2Fと違い、スキップフロアが施され動きのある空間になっている。また壁面には大容量のクローゼットを備え、収納力も確保されている。

気になる採光は、2Fにはリビングに面して吹き抜けのあるインナーテラスと3Fのハイサイドライトのおかげで風もよく抜け明るい空間になっている。 約8坪の狭小地ながら様々なご要望が盛り込まれた狭小住宅である。

PAGE TOP