WORKS 施工例

須磨区の狭小住宅 2・神戸 (建築面積 約9.8坪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
otk-5005-11_01
otk-5011-11_02
otk-5025-11_03
otk-5070-11_04
otk-5077-11_05
otk-5091-11_06
otk-5110-11_07
otk-5122-11_08
otk-5136-11_09
otk-5141-11_10
>

Description 建築概要

 

工法 木造在来工法  3階建て
敷地面積 44.6m² (約13.5坪)
建築面積 32.3m² (約9.8坪)
延床面積 97.4m² (約29.5坪)
撮影 平野 和司

 

Architect 建築家

田中 一郎(タナカ イチロヲ)

事務所名 / 田中一郎建築事務所
生年月日 /1969年02月09日
出身地  / 兵庫県出身

神戸市須磨区にある震災後の再開発された地域に敷地がある。土地探しからプロデュースさせていただいた建物。地域やご予算などのご要望を踏まえ、いくつか土地をご紹介。その中から約 13.5坪と狭小敷地ではあるが、立地・環境ともに申し分ないこの敷地を有力候補に。狭小地であるため、希望する大きさ・部屋数が確保できるかをチェックした上で、購入を決定。
建物は、角地であることをいかしたデザインで、ランダムに配置された大きな出窓をアクセントにしている。内装は、ご主人が好きなミッドセンチュリーの家具が似合う色使いの壁・床で仕上げている。狭さを感じさせないデザインと空間となっている。

PAGE TOP