WORKS 施工例

新羽のガレージハウス・横浜

このエントリーをはてなブックマークに追加
img-ski01.jpg
nippa_02
img-kski03.jpg
img-kski04.jpg
img-kski06.jpg
img-kski07.jpg
img-kski08.jpg
img-kski09.jpg
img-kski10.jpg
nippa_03
>

Description 建築概要

工法 木造 地上2階建て
敷地面積 86.3m² (約26.0坪)
建築面積 49.7m² (約15.0坪)
延床面積 99.0m² (約29.0坪)
施工 株式会社 アイディーエム

 

Architect 建築家

松永 基(マツナガ モトシ)

事務所名/有限会社 エムズワークス一級建築士事務所(恵比寿分室)
生年月日/1958年03月09日
出身地 /横浜市出身

ローコストで愛車とともに住まうガレージのある家を

S氏は家を建てようと思いました。――そんな、物語のような一節から始まる一冊の厚いノートがあります。

ほのぼのと描かれたイラストと、優しい手書きの文字でつづられた、暖かな雰囲気が漂うその一冊は、設計を担当した建築家の松永基氏が、大のクルマ好きでいらっしゃる建て主のS様のためにつくった提案書。S様の夢の住まいへの「ロードマップ」でした。

「僕の資金が少ないなか、松永さんも、プロデュース会社も、工務店も、皆さん陰で頑張ってくださっていたことは感じていますし、感謝しています。本当に、コストをはるかに超えるバリューを提供してもらえました」とお住まいを見渡しながら話されるS様。

「クルマの隣で寝ることもいとわないから、うんと安くつくってほしい。というのが、最優先の課題。それに、料理も趣味だからキッチン。さらに風呂好きだからバスルームも大事にしたいというぐらいでしたね、僕の要望は。あ、それと、寒がりだから寒さ対策も...」と笑われます。

感性の響き合うふたりの出逢いが生んだ夢の住まい

一階にはガレージと、明るくスタイリッシュなバスルーム。二階はキッチン、リビング、寝室も兼ねた大きなワンルームに、両サイドのロフトが広がり感を演出します。ローコストとはいえ、安っぽさは微塵も感じられません。

「ガレージも出し入れしやすいし、キッチンも使い勝手がいい。松永さんの設計は、スタイルだけじゃなくて、使う人の立場で考えられているから」とS様。

S様と同じく、クルマと料理が趣味という松永氏の設計は、S様の感性と見事に響き合うものでした。ふたつの趣味と価値観を共有するふたりの、息の合ったコラボレーションによる作品、S邸。ここに、S様が思い描いていた夢の住まいが完成しました。

けれども、いよいよ引越しというとき、S様は落ち込んでしまったといいます。「あんなに楽しかった家づくりがこれで終わりなんだと思うと、寂しくて...。」

「毎月欠かさず何冊も買っていた自動車雑誌も、気づいたら何か月もの間、ほとんど買わなくなっていました。だって、家づくりのほうが面白かったんだから。建てている間、皆で同じ夢と時間を共有できる、そのプロセスがね」と、目を輝かせます。

PAGE TOP